« 早慶戦観戦 | トップページ | ジャイアンツ ファイヤー »

ランの陸上デビュー戦

この週末、長男・ランは横浜市通信陸上という大会で陸上runデビューしました。

会場の三ツ沢陸上競技場は天候にも恵まれ、同じく陸上部に所属するラグビースクールの父兄や次男坊達と初観戦してきました。

_2010_6_5_005

学校毎にスタンドにテントを張り、「陣取り」している光景はちょっと不思議な感覚(笑)であり、また新鮮でした。

_2010_6_5_006

この大会は「1年生枠」があったのですが、まだユニフォームが揃っていない学校も多数あり、体操着のままで出場する姿も…。

その様はまるで小学校の運動会(ちょっと笑えた)。

さて、長男がデビュー戦を迎えた種目は400mリレーです。

結果的には上位8校しか進めない翌日の決勝へは行けず、88組中14位(54秒08)で予選敗退。

しかし、初参戦にしては立派、立派good

ランはGW明けの正式入部早々にラグビーで負傷。暫く淋しい別メニューで地道に基礎を学びました。そのことが功奏したのか、(素人眼ですが)とてもキレイなフォーム(陸上っぽい?)で、第三走者の役割を果たしたと思います。

幼少の頃から走ることでは負けたことがなかったラン。

小3のチビリンピックで「上には上がいる」ことを知り、小5で9人制になったラグビーでもスピードだけでは抜けないことも学びました。

走ることに関しては、かなりストイックにやってきました。

そんな「名は体を表す」を地でゆくランが、本業?のラグビーの為に陸上部の門を叩いた筈でしたが、レース後に本人に聞いてみると、

今は陸上の方が楽しい

・・・・という発言が。

今後、陸上とラグビーの両立は大きな課題ですが、悩み苦しみながら人間として成長していって欲しいものです。

|

« 早慶戦観戦 | トップページ | ジャイアンツ ファイヤー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 早慶戦観戦 | トップページ | ジャイアンツ ファイヤー »