« シカゴ | トップページ | 闘う準備 »

シカゴ出張を終え・・・・・

野球baseball

BASEBALLbaseball

ビジネスの世界では、似て非なるモノとして捉えています。

文化やメンタリティの違いと言えばそれまですし、

どちらかが正解ということはありませんが、

アメリカ人と日本人では相当考え方が異なります。

私は今まで二つの外資系スポーツブランドで働いてきましたが、特に敵地(本社)に乗り込んで来た時に毎回痛感させられます。

今回のシカゴ出張も同様です。

例えるならば、

アメリカ人に「高校野球と甲子園」を理解してもらうことは至難の業です。

「坊主頭」

「地味なユニフォーム」

「真っ黒しか履けないスパイク」

「やたらと権力を振りかざす「高○連」の存在」  等など。

奴等のマインドの中では、いつも「アメリカがNo.1」ですので・・・・。

正直・・・・、マジでに腹が立ちますangry

支社の辛さですかネ。

例え、WBCで日本がアメリカに勝ち続けても・・・・・、

この立場が変わることは無さそうです。

戦さに負けたひ弱な侍(サムライ?)は、今から悲しく帰国します。

|

« シカゴ | トップページ | 闘う準備 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シカゴ | トップページ | 闘う準備 »