« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009 テレビ解説

久し振りの本業?アメフトの話題です。

昨日の土曜日、今季初のテレビ解説を頑張ってきました。

いや~寒かったッスsweat01080

(右端に映っているのはJスポーツ等でのプロ野球実況でもお馴染みの上野アナ)

放送席まで風と雨が吹き込んできて、手元の資料はグチャグチャ。

年に2-3回しか着ないカッコイイ(?)スーツはビショ濡れ。

スタッフの皆さん、本当にご苦労様でした。

でも、試合は見所万歳の好ゲームscissorsでした。

さすがに過去3度、日本選手権(ライスボウル)を制したライバルチーム同士の一戦。(俺は現役時代、この2チームには一度も勝てませんでした(涙))

試合結果はこちらを・・・↓

オービックシーガルズ対アサヒビールシルバースター

ちなみに、ゲームレポートも私が書かせてもらいました。(協会の皆様、提出が遅れてゴメンないさいcrying

そして、テレビ放送予定は↓
10月30日(金)20:00~(再放送11/8)@スカイAスポーツプラスです。

スカイAプラスのXリーグ放送予定

そして、

寒~い中、婆シャツ着て(笑)、グランドレポートを頑張ってくれた「イジメられキャラ」だけど、キュートな小西綾子さんのBlog(試合レポート)はこちらです↓

小西綾子さんのブログ

084

| | コメント (2)

朝練仲間

遊び感覚でありながらも、地道に練習を続けていると、

確実に成果に繋がるんですね。

特に子供達は・・・・。

ラグビーがオフシーズンに入った夏休みの途中から、

ランとライトは、近所に住む気心の知れたラグビースクールの仲間達と朝練を続けています。

さすがに寒くなってきたこの時期は、週3回で6時集合。

しかし、つい先日までは、日曜日以外毎日5時半には集まって、60~90分間のタッチフットボール(タックル無しのラグビー)で技を磨いてきました。

ひとりでの独走トライを防ぐ為に、一度のプレイで最低パスを4度廻すというルールにしていますから、

パススキルは上がるし、

視野も拡がる。

そして仲間との阿吽の呼吸も感じ取ることも出来るようになってきた?・・・かな。

そして何より、よく走りますので、瞬発力・持久力向上にも繋がっていると思います。

特にランは9月に入ってからSOになりましたが、ここまで何とかやって来られたのもタッチフットボールのお陰です。

また、ライトは信じられないくらい視野が広くなり、鋭角的なステップまで覚えてしまい、先日の県大会でも相手を置き去りにするシーンも・・・・。

朝練の噂を嗅ぎ付け、最近では日々仲間が増加しています。

今では大人も含めてMax12名程にまでに膨れ上がりました。

今週末は、少し離れたところに住むライトのチームメイトも初参戦予定です。

勿論、

私もほぼ毎回参加しております・・・・・。

| | コメント (2)

THE BEST GAME EVER

三連休の最終日(12日)。

長男/次男坊共に、ラグビー県大会の、それぞれの大一番を見事な勝利で飾ることが出来ました。

この日の天気同様、ホントに気持ちイイ一日でした。

特に長男の試合。

私が今まで観て来た中でベストゲームと言っても過言ではありません。

相手は県内屈指のサイズとパワーを誇るY須賀ラグビースクール。 今まで県大会では一度も勝ったことのない相手です。昨年は7-49で完敗しました(その時のメンバーが、ウチには6人居ました)

しかも今年はベストメンバーを揃えたAチームです。

彼等は試合前練習から、まるでウチに見せ付けるかのような激しいダミーチャージを繰り返し、目の前を大声で号令をかけながら全員で駆け抜けていく等、

相当なプレッシャーをかけてきました(…ように見えました(笑))。

結論から言うと、試合は70-19で圧勝しました。

開始早々にポンポ~ンと先制されると、そこはまだまだ未熟な小学生。浮き足立って、本来の力を出し切れないことはよくありますが、まさにそんな感じだったのかもしれません。後半開始早々に取られた二本以外は、殆ど相手にラグビーをさせませんでした。

では、何故ベストゲームかと言うと・・・・、

昨日は全員が闘争心を全面に出しながらも、それぞれが冷静な判断をし、自分の役割をキッチリ果たしたように感じたからです。

9人全員がです。

サイズ的に劣勢が予想されたFWも全く負けてなかったし(むしろ押していた)、FWのお陰で出たボールを、BKは面白いようにパスを繋ぐ。まるで教科書のような継続ラグビーを展開しました。

小学6年生とは思えないくらい、ホントに格好良かったですね~

さて、我が長男。

後半、目を覆いたくなるようなタックルミスを繰り返しましたが、司令塔(SO)として、まずまずのゲームメイクが出来たのではないかと思います。10本のコンバージョンも全て成功させましたし、判断良く自ら持ちこんだトライも3つ。

さて、

小学生生活最後の県大会もあと二試合。

次もベストゲームを少しだけ…更新するような試合をして欲しいものデス。

※次男坊のビデオ観戦記はまた別途。

| | コメント (2)

闘う準備

この三連休の最終日の明日12日(祝)、

バカ親父は息子達のラグビー県大会の応援の準備に余念がありません。

次男坊のライトはいよいよ緊張の初戦(対藤沢RS)。

長男・ランは早くも天王山(対横須賀RS)を迎えます。

勝敗は当然気になるところではありますが、今年はそれ以上に最低限「闘う準備」=健康管理(インフルエンザ対策)に気を配っています。

今年は新型インフルエンザの蔓延により、県大会特別運営ルールとして、

●当日37℃以上の発熱
●家族に感染者
●学級閉鎖中

の子供は試合参加不可(勿論、コーチや家族もNG)なのです。

特に接触の多い競技ですし、感染拡大を防ぐにはやむを得ない処置なのでしょう。

よって、

我が家では、

○外出時のマスク装着

○イソジンでのうがい/手洗いの徹底。

○栄養バランスを意識した食事。

○充分な睡眠

・・・・・を、いつも以上に意識した毎日を過ごさせているつもりです。

『これで感染してしまったら、もう不運だったと諦めるしかない』というくらい・・・・にネgood

とにかく、試合当日に戦える状態で試合会場に居ることが、今まで支えてくれたコーチや、一緒に頑張ってきた仲間への礼儀でしょう。

さて、明日ですが、あいにく、二人の試合が別会場で、時間帯も近いことから、私は今回は長男の応援に行きますが、 二人共、自分がヤルべき任務を遂行し、チームの勝利に貢献してくれることを祈るばかりです。

先週から来週にかけて業務がかなり忙しく、重要な商談や来期の予算決定、海外からの来客、プレゼン等が盛り沢山なのですが、毎日、こんなことばかり考えております(苦笑)

| | コメント (2)

シカゴ出張を終え・・・・・

野球baseball

BASEBALLbaseball

ビジネスの世界では、似て非なるモノとして捉えています。

文化やメンタリティの違いと言えばそれまですし、

どちらかが正解ということはありませんが、

アメリカ人と日本人では相当考え方が異なります。

私は今まで二つの外資系スポーツブランドで働いてきましたが、特に敵地(本社)に乗り込んで来た時に毎回痛感させられます。

今回のシカゴ出張も同様です。

例えるならば、

アメリカ人に「高校野球と甲子園」を理解してもらうことは至難の業です。

「坊主頭」

「地味なユニフォーム」

「真っ黒しか履けないスパイク」

「やたらと権力を振りかざす「高○連」の存在」  等など。

奴等のマインドの中では、いつも「アメリカがNo.1」ですので・・・・。

正直・・・・、マジでに腹が立ちますangry

支社の辛さですかネ。

例え、WBCで日本がアメリカに勝ち続けても・・・・・、

この立場が変わることは無さそうです。

戦さに負けたひ弱な侍(サムライ?)は、今から悲しく帰国します。

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »