« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

ワセクラカップ(2日目)

文字通りバックスの両翼に位置し、

CTBやSHからパスを受けて、相手ディフェンスを巧みなステップや快足で抜き去り、トライを挙げる。

ただ・・・・、

9人制になった為、7人制の時の様にそう簡単には抜くことは出来ません。Dsc_2084

・・・となると、

タックルを受けても簡単に倒れない接点の強さや、パスセンスやボールを繋ぐスキルも求められます。

そんなウイング(WTB)のポジション。

5年生になってからの長男・ランの定位置です。

さて、

先週土曜日は「第1回ワセクラカップ」の2日目@上井草Gr.でした。

この日のランは、前回とは違って、ウイングとして、奴が頭に思い描くような仕事をさせてもらえませんでした。

そして、ボールも殆んど回ってきませんでした。Dsc_2101

挙げ句の果てに…。

選抜戦の決勝では途中で負傷退場。

しかも4試合戦って、1勝1敗2引き分け。

相当落ち込んでおります。

・・・・・。

ランよ、

もっと悩み、もっともっと苦しめ!!

こういう日もあるさ。

勝つこともあれば、負けることもある。

ラグビーは「ゲーム」。 また明日から元気出して行こうぜ!

久し振りに入ったSHでは、キレの良いパスを供給したし、ウイングでは見せないようなハードタックルもあったやん!Dsc_1642

そんな風に・・・・、

寛容に・・・・、

アドバイスが出来る俺も、だいぶ成長しました…(笑)。

以前は頭ごなしに叱ってばかりおりましたので…。

子供を大人に成長させてくれるラグビー。

大人を少年に戻してくれるラグビー。

やっぱり、ラグビーって最高デスね。

生まれ変わったら、ラグビーやりたい・・・と、真剣に思っちゃうくらい、良い経験させてもらってます。

最後に・・・・

ワセダクラブの皆さん、そして、N島Kさん、

大会の運営、本当にお疲れ様でした&有難うございました。

また次回は6月?の交流戦。そして、グレードアップした第二回大会、心から期待しております!Dsc_1644
写真提供は、今回も「○なり父」さん・・でございました。いつも感謝、感謝ッス!

| | コメント (1)

キャンプイン(MLB)

いよいよMLBもキャンプインしましたね。

一緒に仕事したオリオールズのU原くん、ブレーブスのK伸くん、頑張ってネ。

実は私も、

2004-2007年は、4年間連続でこの時期、フロリダへ行っていました。

05年はアリゾナへも行ったなぁ・・・・。

今の仕事じゃーイケねーなー。

あの青空。

あの芝生の匂い。

あの乾いた「コーン!」という球音。

「ベースボール」って本当に楽しいものなんだなぁって・・・・・・。

さて、

では・・・・、

過去のちょっと懐かしいキャンプ中のお二人(現アストロズ&現楽天)の画像をお楽しみください。

Photo Nori Img_0043

ちなみに、私の当時の体重は87kg (今は75kg)

| | コメント (0)

師弟対決

今日は、清宮サントリー 対 中竹ワセダ・・・・です。Suntoryvswasedatee1

清宮ワセダ最終年(05年)の一年生が、今の四年生。

・・・・・因縁を感じますネ。

そして、準々決勝にして異例のNHK生放送。

・・・・・話題性の高さを物語っています。

ワセダ韋駄天WTB田中渉太の復帰。

・・・・・一般企業に就職内定しているスピードスター。ウチの子達の憧れの選手。有終の美を飾って欲しいデス。

3季振りのトップリーグ撃破なるか?

・・・・・清宮ワセダがトヨタ自動車を力でねじ伏せた試合以来の快挙、密かに期待デス。

学生No.1のワセダは失うモノは何もない筈。思い切ってぶつかって、学生らしい清々しいゲームを見せて欲しいですね。Photo_3

豊田主将、今まで以上にヤンチャなプレイを魅せてくれ!

でも、相手をリスペクトしないヤンチャな発言はアカンよ!

| | コメント (0)

『第1回ワセクラカップ』

朝5時起床。

チームメイトのお母さんのクルマに乗せてもらって、8時過ぎに上井草着。

9時半試合開始。

16時半全日程終了。

19時帰宅・・・・・。

ラグビー好きの私も、さすがに昨日は観戦疲れにノックアウト負けです(笑)。

昨日(2/7)は『第一回ワセクラカップ2_7_09_008

ワセダクラブ(東京)、市川RS(千葉)、高崎RS(群馬)、川口RS(埼玉)、そして、我が田園RS(神奈川)の4・5年生が早稲田大学上井草Grに集結し、ワンデイリーグ戦を行いました。

長男・ラン達5年生は、10分ハーフを4試合!!。計80分をフルで戦いました。

1日でこれだけの試合を経験したのは、ラグビー人生初でしょう。(今朝の練習は身体中が痛くて辛そうでした・・・・。)

ランの所属したCチームですが、まずは川口RSに70-0(この日はコンバージョンキックは無し)で勝利すると、続くワセクラAチームを苦しみながらも20-10で退け、ブロックを1位通過。Dsc_0912

ブロック戦の山場だった、このワセクラAチームはどう見てもベストメンバー構成。かなりの苦戦が予想されました。

前半は、ハーフ団の見事なお膳立てのお陰で、最高のパスを受けたランが、2つの独走トライでリードし、リズムを作りました。 Dsc_1082

しかし、後半開始早々に連続で2本トライを返され、あっという間に同点に・・・・。

そして最大の見せ場は、防戦一方になった自陣深くの攻防。

ラックからマイボールにした田園が、すかさずブラインドサイドに居たランにボールを回すと、巧みなステップで3人置き去りにし、そのまま逆サイドにカットインすると、あとは一人旅。そのまま独走トライを決め、一気に沈滞ムードを一掃させました。Dsc_1095 Dsc_1096

まさに試合の流れを一気に変える、久し振りに見るランの快走に、ちょっと興奮してしまったバカ親父なのでした・・・・。

そして、迎えた決勝リーグ。

予選から圧倒的な強さを誇った初戦の市川RSとの戦い振りに大いに期待しましたが、完全に自力負け(20-30)。

スコア以上にヤラれた感がありました。Dsc_1284

その流れでヘロヘロになった4試合目。田園対決となったAチームにもそのまま競り負けてしまいました。

さて・・・・、

この日なんと言っても目を引いたのは、市川RSと高崎RS。

共に、サイズもスピードもバランス感覚も備わった素晴らしいチームでした。

今まで経験したことのないプレイスタイルの相手と戦えたことは、大きな経験&プラスになるのではないかと思います。2_7_09_009

実はこのワセクラカップ。

21日にも続きがあります。

最終順位決定戦と「センバツ戦」です。

また長~い1日になりそうですが、まだまだ楽しめそうです。

2_7_09_007 7時間耐え抜いた次男坊チーム(2年生)

○なり父さん、

いつもカッコイイ写真を有難うございます。また使わせて頂きました

| | コメント (2)

浪速ナイト

出張で訪れた大阪で、

たまたまタイミングよく出張に来ていた長男・ランのラグビースクールの学年ヘッドコーチ、M田コーチと、「飲もう」ということになった。

聞けば、単身赴任中のS田コーチと「ディープな」飲みをするというではないか・・・・。

この日の最後の商談が福島ということもあり、気を使って頂き、7時半に福島にあるM田コーチの後輩のお店へ。

鉄板ダイニング

Photo マジでうめえ!

本当に美味かった。

全然伝わらないと思うけど、

次の出張時も必ず行こうっと。

JR環状線・福島駅から徒歩3分。

・・・・ところで、7時半から約6時間。

ずっとラグビーの話。

いつもFWやってたと勘違いされるS田コーチ、

この日は飲み過ぎです。

| | コメント (0)

第1回ワセクラカップ

昨日、ラグビー界を震撼させるようなショッキングwobblyなニュースが流れてきましたが、

明日から一年間の総決算・ラグビー日本選手権の一回戦が始まりますね。

二連覇を果たした大学チャンピオンの早稲田大学は、クラブチームチャンピオンのタマリバクラブとの対戦です。

その早稲田大学ラグビー部がちょっと留守にしている隙に、あの素晴らし~い上井草のグランドで、

先日交流戦を行ったばかりのワセダクラブさん主催のの交流戦が開催されます。

東京、千葉、埼玉、群馬、神奈川の中で、比較的大規模なスクールが1スクールづつ招待されております。

その神奈川代表?…として、我が子の通うスクールが参加します。

この『第1回ワセクラカップ』ですが、4・5年生各学年から3~4チームがエントリーをして、総当たりのリーグ戦を行います。011

そして各ブロックの同順位同士が、最後にトーナメント(21日開催※この日のみ受験を終えた6年生も参加)を行って、それぞれの順位内で優勝を競うというものです。

通常、秋の県大会以外はこういった試合には参加しない我がスクール。003

千葉や埼玉や群馬ら、なかなか対戦機会のないスクールと戦える&交流出来るというのは、子供達にとっては最高の思い出になるでしょう。

アフターマッチファンクションや各スクールの選抜戦も企画されているようで、どんな大会になるんでしょうか。

自分がプレイするのと同じくらい、今からワクワクですワ(笑)。

| | コメント (3)

「ザ・接戦」!第43回スーパーボウル

凄かった!!

これぞ、Super Bowl! これぞ、NFL Super_bowl_43

・・・な~んて、こんな陳腐な言葉じゃ著せない程、エキサイティングな結末を迎えた昨日の第43回スーパーボウル。

ここ数年、最後の最後までどちらが勝つか分からない好勝負が増えてきていますが、まさにその真骨頂!!

残念ながら、90年代は殆どが期待外れの一方的な試合ばかりでした。

これも「parity」(均一化)を狙うNFLの制度の賜物です!

実は昨年のスーパーボウルも、今年に負けないくらい今でも記憶に新しい試合でした。シーズン全勝(16勝)のペイトリオッツを、アンダードッグのジャイアンツが大逆転した奇跡的な試合(17-14)。これもかなり興奮しましたッ。

02,04~05年と、4年で3度スーパーボウルを制したペイトリオッツは、3試合とも3点差の勝利。なかでも02年のラムズ戦は、残り0秒でサヨナラFG成功でした。トム・ブレイディが一世風靡した年ですね。

2000年のラムズ対タイタンズ(23-16)も凄かった。同点を狙ったタイタンズがラスト2分で追い上げ、残り0秒残り1ydの攻防でした。これまた、今年37歳で復活したカート・ワーナーが、ラムズのシンデレラボーイとして鮮烈デビューを果たした年でもありました。

そして昨日・・・・。

下馬評はスティーラーズが優位でした。

ゲームの流れも第3Qまで殆どスティーラーズでした。しかし、何度も何度もスティーラーズの一方的な展開になりかけながらも、カージナルズ守備が踏ん張り、遂に第4Qに攻撃に繋げました。

そして、試合終了残り2分37秒から、伝家の宝刀、QB#13ワーナーからWR#11フィッツジェラルドへの一発で遂に逆転!

観ましたか?あの加速!Super_bowl_43_wr11

しかし、スティーラーズも黙っていませんでした。

そこから意地を見せて、怒涛のドライブ。

そして、残り35秒。ドラマは待っていました。

QB#7ロスリスバーガーからWR#10ホームスへの決勝TDパス成功!!

まさにミラクルなエンディングでしたね。 本当にヤバかった・・・・。 S_holmes_090201_2_wide

・・・という、期待をいい意味で遥かに上回る興奮を与えてくれた、大接戦だった今年のスーパーボウル。

オバマさん大統領就任会見を大きく上回る42.1%の視聴率だったそうな。

ところで・・・・、

そんな中・・・・、

末恐ろしい快挙を成し遂げた日本人がいることをご存知でしょうか?

日本人として唯一スーパーボウルリング(彼女の場合はペンダント)を持っているのが、スティーラーズのトレーナー・磯有里子ちゃんデス。 実は私の大学時代の友人の妹さん。

これで2個目ですよ。2個目。今度はリングをもらうのでしょうか・・・・?

なんとも羨ましい限りデス。

| | コメント (1)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »