« 打倒、ボルト!? | トップページ | 総決算 »

痛恨のインターセプトでジ・エンド!

全身筋肉痛で足を引きずりながら、16日(日)はファイナル6一回戦@横浜スタジアムのテレビ解説をしてきました。

001

鹿島ディアーズ(中地区1位)対富士通フロンティアーズ(東地区2位)という一回戦にはもったいなさ過ぎるマッチアップです。

この両雄の2000年に入ってからの対戦成績は鹿島の4勝2敗。しかし、最近4戦では互角です。

今春の東日本日本一を決める春のパールボウルでも対戦し、終盤までどちらが勝つか分からない熱戦を繰り広げたのは記憶に新しいと思います。

さて、前日からの天気予報は終日雨・・・とのことだったのですが、試合中も殆ど雨が降ることなく、気温も高め。

ピッチ場もほぼ乾燥しており、選手達も我々放送スタッフもまずまずのコンディションだったのではないでしょうか。

この日の実況アナは矢野吉彦アナ(写真左)。

002

偶然にも矢野アナは、1992年の私の「社会人デビュー戦」(対オンワード@東京ド-ム)で実況を担当しており、更に、2001年の私の「解説デビュー戦」でもご一緒させて頂いた深~い(?)縁のベテランアナウンサーです。

肝心の試合の方ですが、

戦前の予想通り、終了間際まで勝敗が分からない大接戦。

最後のツーミニッツドライブで、富士通の逆転を狙ったパスを鹿島DB加藤が起死回生のインターセプト。29日の準決勝(対アサヒ飲料@大阪長居)に駒を進めました。

詳しい試合結果はXリーグの公式HP参照。

しかし、最後のインターセプト。

う~ん・・・・。

解説という立場を忘れ、一瞬目の前が真っ白になりました。

もしかしたら、感情的にイチOBになっていたかもしれません・・・・・。 反省。

003

|

« 打倒、ボルト!? | トップページ | 総決算 »

コメント

放送見ました。
勝負どころでプレッシャーをかけ、それを成功させた鹿島が強かったということでしょう。仕方ないです。若いので来年期待です。

放送の中で、松下電工とおっしゃっていたような気がしますが…

投稿: 〇なり父 | 2008年11月25日 (火) 22時41分

息子のラグビーから帰って結果だけ見ましたが、うーん悲しい結末というか内容見て愕然。直前のTDでも2ポイントコンバージョンが成功していれば・・・最後も最悪FGでよかったのに・・・と、たらればになってしまいます。鹿島とはそれほど苦手意識は無いと感じていましたが、勝負どころではやっぱり強いですね。

勝てば、監督の古巣である飲料との対戦も楽しみだったのですが、若さが出てしまったようですね。でも来年期待。

投稿: 〇なり父 | 2008年11月18日 (火) 13時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 打倒、ボルト!? | トップページ | 総決算 »