« 鉄壁な観戦グッズ | トップページ | 雪! »

ワセクラ戦観戦記

毎年1月最終日曜日の恒例となったワセダクラブ・ラグビースクールさんとの交流戦(別名:「1・27」が、上井草にて行われました。

大学日本一の早稲田大学ラグビー部の専用グランドであり、普段ではありえないくらい広~い天然芝と人工芝のグランドでの試合は、子供達にとっても父兄達にとっても、最高の思い出になったのではないでしょうか?

しかしまあ、幼稚園年中さんから小6まで、学年毎に2~5試合同時に行われる様は、本当に圧巻の一言です。

20080127_013 一昨年の6月に、この交流が始りましたが、今では田園RSの子供達は「ワセダ」というブランドへの強い憧れと、その「ワセダに勝つ!」という目標をもって、全学年が気持ちを高める恒例行事化してきています。

おそらくワセクラさんも同様かと思います。

ワセクラさんは、やはりこのブランド力から、各学年共に選りすぐりのアスリート達が集まってきているだけあって、今まで体感したことがないスピードやその体躯の持ち主が「出現」してくるのには毎回驚かされます。

実は小1と小4の息子達の試合以外はあまりじっくりは観ることは出来なかったのですが、それはまあスゴイこと・・・・。

中でも小3チーム(本当は小2なんだけど・・・)に居た、前早稲田大学ラグビー部監督(現サントリー監督)のご子息はヤバイ・・・・。

うちの嫁さん(151cm)よりデカく(多分)、長男(28Kg)と次男(20Kg)を足したくらいの体重があり(間違いなく)、尚且つ俊足ときたもんデス。

さて・・・・、

この交流戦の発端となった現4年生達の対戦はどうだったのでしょうか?

言うまでもございませんネ。

今回も真冬の寒さを吹き飛ばすくらい熱く、厚く、そして暑かった・・・・・(意味不明です)。

特に今回は、20名近くに膨れ上がったワセクラのコーチ(今回は全員お揃いのA社製ピステを纏っておられました!しかもこの学年だけ・・・(笑))、ご父兄の皆さんの情熱&声援には、今回も脱帽せざるを得ませんでした。

勿論ワセクラの4年生たちも、試合をする度にプレイの精度は上がり、激しくなり、気迫が伝わってきました。

闘志を全面に出してプレイする選手が少ない我が田園RSは、大いに見習うべきでしょう。

20080127_005

さて、試合の方ですが、結果的には2勝2敗1分けの全くのイーブンでした(多分)。

でも勝敗以上に、お互いが学ぶところが多かった交流戦ではなかったのではないでしょうか?

いいプレイが沢山ありました。

やってはいけないプレイも露呈しました。

普段戦ったことのない、違うタイプの相手と胸を合わせたことで、自分に自信が持てたり、自分がまだまだだと感じたり、色々あったと思います。

10121203256qz5

ワセクラの皆さん、このような「場」を毎回与えて下さって、本当に有難うございます。

また6月?にお互い成長した姿を披露し合いましょうネ。20080127_025 そして、いつの日か懇親会・・・したいですね?

この子達の何人かが、花園や秩父宮、国立でプレイする日を夢見ながら・・・・。20080127_024

|

« 鉄壁な観戦グッズ | トップページ | 雪! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鉄壁な観戦グッズ | トップページ | 雪! »