« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

鉄壁な観戦グッズ

明日はいよいよ息子達のワセダクラブ交流戦パート4@上井草・・・である。

子供達の試合は熱いが観戦は寒い。

・・・ということで、先日、観戦用にダウンコートをゲットしてしまった。

カンタベリー社製の「スペクテーターダウンコート(定価¥31,290)」である。

Spectator これはかなりイイ。

最高にイイ。

ここ数年でベストな買い物だったかもしれない。

近所のデパートで30%引きで購入したのだが(ちなみに、カナタベリーショップは未だに定価販売中)、まず、今まで体感したことがないくらいご機嫌に暖かい(ダウン80%、フェザー20%)。

暗闇でも光があたると反射するリフレクターパイピングも洒落ている。

そして何より収納ポケットが豊富。

携帯専用ポケットやホッカイロ用ポケット等、便利な収納ポケットが内側に数箇所配置されているのもまさに観戦向きだ。

さて、防寒対策は万全。

あとは、このダウンを脱ぎたくなるような熱い熱い試合に期待するだけだ。

| | コメント (0)

タイムスリップ1987

amazon.co.jpはホントに便利でお気に入り。

DVDや中古本がお買い得で、2年以上愛用している。

そして、今日帰宅すると、

2ヶ月前に予約しておいた「大学ラグビー激闘史 1987~1991年DVD-BOX」(定価から26%引き)が届いていた。

Photo_2  特に観たかったのは伝説の1987年の「雪の早明戦」である。

早稲田には、現サントリー監督・清宮(当時2年生)や堀越、今泉(共に1年生)がおり、明治の主将は大西一平、そして天才1年生・吉田義人ら、まさにラグビー全盛時代。

そして、何より、日曜日に息子達が対戦するワセダクラブ4年生のチーフコーチ・NさんがCTBとして出場している。

19871987年のラグビーは今とだいぶ違う。

国立は異様に盛り上がり(歓声が今と全然違う)、パンツはピチピチ。トライは4点だし、SHがやたらとキックを蹴る。ラインアウトは担いで持ち上げないし、ボールはナント、皮ボールである。

あと、プレイがやたらスピーディで気持ちがイイ。反則後のスクラムなど、2秒後にはもう組んでいるし・・・・・。

このDVD-BOXは5枚組。

あと4日間タイムスリップを楽しめそうだ。

| | コメント (0)

伝説のボール「K2」

今更ながら、この世の中で最も愛してやまない「野球」と「アメフト」を扱う仕事に就けている自分がマジで眩しい・・・と心底思う。

特に「アメフト」に関しては、前職では本気でやることが許されなかった。

でも、今は本気でやれる!ビジネスとして・・・・。

この差は大きい!

さて、たった今、ある懐かしい少年用アメフトボールがオレの前に突然現れた。

その名も「K2」。(スキー板じゃないよ)

Wilsonk2

このボールは、ほぼ全米中の小学生達が裏庭でのタッチフットは勿論のこと、Pee Wee League(少年リーグ)の公式試合球として、40年以上も前から「定番」として使われている少年用アメフトボールなのです。

オレ自身も米国滞在中は、多分4~5回は買い換えているくらいお気に入りのボールでした。

このボールと共にアメフトというスポーツが日常となり、日本に帰国してからも大学、社会人とプレイ出来た。

30年の時を超え、今、オレのデスクの上にある・・・・・本当に感慨深い(涙)。

このHorween製の独自の"Tanned-in-Tack"フルグレインレザー(勿論、その当時はそんなことは知る由もないのですが・・・)は、昔と変わらず最高のグリップ性があり、これまた素晴らしい顔をしている。

| | コメント (0)

やっぱりチームスポーツ!

息子達にスポーツの心得を色々教えているうちに・・・・、

競技の特性によって「判断・選択」の基準が違うことに改めて気がついた(今更ながら・・・)。

例えば、

一瞬一瞬のプレイに個人の判断が重要視されるサッカーラグビーなどのスポーツでは、プレイに連続性があり、ベンチからの指示がすぐ通らない為、「瞬時」の判断力が求められる。

一方、野球アメフトなど、一つ一つのプレイに『間』があるスポーツでは、「じっくり考えてから」の判断力が要求される。

当然ながら、共に「センス」や「感性」が必要となる。

いずれの競技であれ、自己中心的なプレイをしている者は、大事な場面でも同じように自己中心的な判断・選択(プレイ)しか出来ず、チームスポーツには適さない。

こうして考えると、個人スポーツも勿論素晴らしい面も多いのだが、やはり「人間力」を磨くならチームスポーツだと思ってしまう。

これからも息子達がチームスポーツを通じて、人間として成長していく過程を見守っていきたいと思う。

| | コメント (0)

背番号

スポーツ選手にとって背番号って、自分の象徴と言うか、こだわりって言うか、とにかく大事なもんですよね。

オレが初めてもらった背番号は確か、米国滞在中にリトルリーグで着けた『6』だったと思う。ショートを守ってたし、とにかく自分だけの背番号がもらえて最高に嬉しかった記憶があります。

そして、大学でアメフトを始めた頃から、色々な私物に書くくらい大事なモノになっていきました。

大学1・2年時は、ダン・マリーノに憧れて『13』。今でも大好きな番号デス。

3・4年時は師匠の番号を引き継いで、今では最もお気に入りの『7』を背負うことになります。

この頃から、自分の番号と言えば『7』に定着しました。

しかし、社会人になって最初の1・2年目は空きがなく、しょうがなく『17』を2年間着用。3年目にようやく先輩の引退に伴い、念願の『7』を着けれようになり、そのままアメフトを引退するまで『7』を身に着けることが出来ました。

そんなこともあり、『7』に思い入れが強く・・・・・、

結婚した日も『平成7年7月7日』。

車のプレート番号も『777』です。

さて、

かなり前置きが長くなったけど。今日、長男・ランの来年度のラグビーの背番号が決まりました。

我が田園RSでは、5年生から新デザインのユニフォームに格上げされるのですが、1~15のレギュラー番号は、「中学で自分自身の手で奪い取りなさい」という意味を込めて、着けることは出来ません。

よって、16番以降を全員で抽選で決めるわけですが、その抽選が今日の練習終了後に行われました。

そして、決まりました。

なんと『61』です。

ラグビーで『61』です。

2年間この番号です。129cm28kgの体躯で・・・・。本人かなり落ち込んでいます。

長年『61』を愛着しているF通のK池君、61番の素晴らしさをランに教えてやってくれ。

ランには6+1=『7』と言い聞かせているのですが、本人納得いかないようです。

背番号は大事です。

| | コメント (0)

「紅蓮たれ」

最近やけにラグビー関連の書物にハマッている。

今日読み終えたのは『紅蓮たれ』。
Photo_2

史上初の全国(花園)4連覇を果たした啓光学園高校ラグビー部を率いた記虎敏和氏(現龍谷大学ラグビー部監督)の本である。

その中でズシ~ンと心に響いたフレーズがあった。


私生活の中で自分に甘い人間が、なぜグランドの中だけ強くなれるのか?
私生活の中で周りに迷惑をかけるヤツは、グランドでも仲間に迷惑をかけるに決まっている』…と。

なるほど、その通りだ。

自分のスポーツ人生を振返ってみてと、もっと早く教えておいて欲しかったフレーズだ。
こういうことをもっと早く知っていれば、もう少し良い選手になれていたかもしれない。


さっそく息子達に諭そうッと!

| | コメント (0)

カウントダウン(決戦まであと10日)

W大学ラグビー部の大学選手権奪還から5日経ったが、いまだに興奮冷めやらず・・・・。

優勝した時のみ歌うことが許されるという第二部歌・「荒ぶる」を初めてLIVEで体感し、思わず涙腺が緩みまくった週末でした。

学生達が直向に楕円のボールを追い、体をぶつけ合う姿は本当に純粋で美しかった。

そんな熱いDNAを引き継ごうとしている弟分・ワセダクラブ・ラグビースクールと息子達が所属する田園ラグビースクールとの4度目の交流戦まであと10日と迫っている。

特に長男・ラン達4年生の戦いは毎回熱い、熱過ぎるくらいヒートアップするし、昨年度の対戦(通称:「1.28」)で悔しい思いをしたランは今から鼻息は荒い。

20071

そのワセクラの4年生を率いるN氏は、あの伝説の「雪の早明戦」でCTBとして出場なさっていた方。 

何度かご一緒させて頂いたが、「熱い」なんていう陳腐な表現では表せないくらい子供達の指導に熱心で、そのN氏が全身全霊で育てている子供達がどのくらい成長しているかを見るのも今から大変楽しみである。

今年は決戦は「1.27

果たしてどんなドラマが待っているのでしょうか?今から待ちきれません。 

| | コメント (0)

五体満足

お陰様で無傷で、無事に (四十路オヤジにはこれが一番重要) フラッグフットボールの大会を終えました。 風邪引いたかもしれないけど・・・・・。

昨日のイベントは、Xリーグのチームと親交を深める目的として毎年行われる男女ミックスの大会で、今回は鹿島ディアーズ@柴崎のグランドを借りて開催されました。
参加チームはいつもよりも少なめでしたが、チームも全勝。正月の女子チーム日本一の勢いをそのままに、2008年度は最高のスタートを切れました。

トーナメントの途中では、ディアーズの現役選手とエキシビジョンマッチをやり、元立命館大エースQBのI君からインターセプトリターンTDを決めて、超自己満です。

ヘルニア&座骨神経痛明けの初試合にしてはまあまあ動けたけど、マンツーで一コ抜かれたし、こんなんじゃ全然納得イカンので、次回(3月9日)の公式戦に向けて、ジム&朝トレで、鈍った体をイチから作り直したいと思います。
しかし、昨日の天候。ヤバイでしょ?動いていたのにも関わらず、半端ない寒さでした。
今日は子供達と近所のスパでリラックス予定。
ただいま、Chargers VS ColtsのDivisional Playoff観戦中デス(筋肉痛もまだ無し)

| | コメント (0)

文武両道?

先週の仕事始めの日から、気が遠くなるくらい頭ん中が高速回転中です。

新しい会社に来て丁度半年。

高い目標設定を課し、結果を求めて妥協することなく仕事に打ち込んできたからだと思う(まだたった4日間だけど…あっかんべー

…と同時に、自分の能力の低さにも唖然としている今日この頃です。

そんな状態なので、私生活での目標の方が手付かず状態(=体をガンガン鍛えるっつう目標デス)

週末はフラッグフットボールの大会だっつうのに…。

なんせ、昨夏以来の実戦。

その間、椎間板ヘルニアが再発、座骨神経痛発病で、息子達との朝トレ走る人もままならず、更に9月に四十路を迎えてから白髪は急に増えるワ、シワは増えるワで、肉体的衰えが目に見えてくる始末。

フルスピードで走れるか、不安…です。

まずは土曜の練習で勘を取り戻し、日曜の本番に備えたいと思います冷や汗

幸い翌月曜は祭日。

間違いなく体中ボロボロだろうから、息子達と近所の天然温泉で体を癒すプラン計画済みです。

何はともあれ、出場するからには全勝優勝だな。

勿論、無傷あっかんべーで…ネ。

| | コメント (0)

今年はやらねば!!

お正月気分も何処とやら? 世間は何事もなかったように普段通りの月曜日を迎えました。

いよいよ2008年度の本格的スタートです。

個人的には年末年始と公私共に悩みも多く、束の間のオフでは拭い切れない想いのまま地獄のような週始めとなってしまいました。

しかし、まッ、これも自分に与えられた試練かと、とにかく逃げずに真正面からぶつかっていこうと思います。

これぞ「ラグビースピリット」でしょうか?

昨年1年間は、特にラグビーから学んだことが多々あり、その精神を人生にも活かしていければと思っています。

子供達に日頃言い聞かせていることを、

自分自身への「戒め」として、更に成長出来れば・・・と強く思う。

仕事については、とにかく妥協せず、更にリーダーシップを発揮し、結果を残すこと。

私生活については、体を鍛え直して、何かの大会にエントリーするなどして結果を残すこと。

とにかく、プロセスを大切にしながら、結果を残していきたい・・・・と宣言しておきます。20072008_010

ちなみに・・・・。

これは長男・ランが初島の工房で作成した「焼き皿」。

気合、入ってるでしょ?

この精神でイキます!

変なところがオレに似てて怖いけど、そういうところが大好きです。

| | コメント (0)

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。

このブログも3年目を迎えます。

今年も宜しくお願いします。

皆さん、年末年始はいかがお過ごしでしたか?20072008_014我が家は親戚ファミリーと大晦日・元旦まで初島(熱海港から船で25分の孤島)、伊豆でのんびりしました。

元旦の朝、伊豆で見た初日の出は圧巻でした。20072008_018

3日は家族でライスボウル観戦@東京ドーム。

プレイベントで、グランドに降りてアトラクションも楽しみました。子供達が大はしゃぎです。

20072008_044 20072008_048

20072008_042

今年の個人的なテーマは「感謝」、そして、「飛躍」かな。

支えてくれている様々な人達に感謝しつつ、公私共に更に飛躍していきたいと思います。

| | コメント (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »