« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

ライスボウル

1月3日のライスボウル(学生王者対社会人王者)は、関東の人間にはちょっと淋しい『関西対決』になった。

しかし今年のマッチアップは、名実共に学生最強(関西学院大…以下KG)対社会人最強(松下電工)と誰もが納得出来るカードと言えるでしょう。

KGは同大学史上最高との呼び声の高いQB三原君率いる爆発的攻撃力が最大の魅力。
Photo

松下電工は日本一強いと言われる守備に、今季はQB高田~WR長谷川のホットラインを核に、課題だった攻撃力も備わり、弱点が見当らない。

勝負の見所は、やはりKG三原君。

KGが電工守備相手にランプレイを出すことは至難の技。

当然短いパスを軸に攻撃を組立てることになりそうだが、電工の激しいパスラッシュを如何に三原君のスクランブルや決めキープ、ブーツやダッシュロール等で攪乱出来るか!…言わば、半分三原君の個人技に注目したい。

関東最強の日大守備ラインとは互角以上に渡り合ったKG攻撃ラインだが、今回ばかりはちと分が悪い。

過去のライスボウルでは、社会人相手に形勢不利と言われながら、常に善戦or勝利してきたKG。
今回も社会人上位クラスのコーチングスタッフによるベンチワークと三原君個人のパフォーマンスに期待したい。

W杯イヤーを締めくくる国内最高峰の対戦は、年明けの1月3日@東京ドーム

| | コメント (0)

アメフト三昧、二日間の感動

日曜、月曜とまさにアメフト三昧でした。

ますは日曜日。

学生王座決定戦。甲子園ボウル@長居・・・でした。Photo

勿論、大阪へは行けないので、この日は夕方から全ての情報ソースを遮断。我慢して我慢して、眠い目を擦りながら深夜放送を観戦。

いや~我慢した甲斐がありました。…いや、あり過ぎました。

今年の甲子園で行われない『甲子園ボウル』は、近年稀に見る大激戦。2日経った今でもまだ余韻に浸ってマス。

私の陳腐な戦前予想はKG42‐21日大…。KG圧倒的優位だと思っていました。

しかし、17年振りに聖地を訪れた『白いジャージを纏った』不死鳥は、オレが知る80年代~90年代のまんま、冷静且つ熱く、不死鳥DNAはキチンと引き継がれていました。

特に残り1ydでの攻防は、アメフト史に残る名場面として語り継がれるでしょう。

幸い、攻守共に若いメンバーが来期も多く残ります。この悔しさを経験した事で、来期は更にパワーアップすることでしょう。

最高のライバルが存在し、常にお互い高いレベルで切磋琢磨する。『オレンジ』や『えんじ』、『濃紺』等と共に、関東のアメフトをKG、リッツのような聖域まで引き上げて欲しいものですね。

そして、昨夜。

こちらは社会人王座決定戦「ジャパンエックスボウル」。

東京ドームへ行ってきました。

大きく強く成長した後輩達の奮闘振りをしっかりと目に焼き付けてきました。
結果的に「開拓者達」は、お正月の『米椀』への道を開拓することなく、シーズンを終えることになってしまいました。

でも、あのような大舞台で、久しぶりに単にイチOBとして、何度も胸踊らされるプレイを目の当たりにできて…、とても満足です。

特に音楽とアナウンスに乗せて、全員が心を一つにした入場シーン。たまりませんでした。鳥肌もんです(kinzo-san、お借りしました
Photo_2
さて、最近もう一つの楕円球にすっかり浮気気味でしたが、やっぱりアメフトはイイ・・・ということを改めて実感させられた二日間でした。
ドームを包み込む地響きのような大歓声。

ヘルメットとヘルメットがぶつかり合う衝撃音。

RBがラインとラインの僅かな隙間を突破するスリル。

QBから矢のように放たれ、タイトなスパイラルがかかった楕円球。

またあのフィールドに立ってみたい…と、今更ながら真剣に思ってしまいました。

| | コメント (0)

開拓者達、いざ出陣

いよいよ週明けの月曜日(17日)。
ジャパンエックスボウル(日本社会人選手権決勝)@東京ドームが行われる。

頼もしい後輩達(開拓者's)が初の社会人日本一を懸けて、グランド狭しと大暴れしてくれることだろう。
そしてタイムアップした瞬間、彼らがフィールドで歓喜のガッツポーズをしている姿をこの眼に焼き付けたい。

当日はテレビ解説は無し。

イチOBとして、久しぶりに思う存分『応援』しようと思う。

客観的に見て、攻守蹴どれをとっても相手が一枚上であることは否めない。でも勝負はやってみないとわからない。

挑戦者として、そして新しい時代を切り開いていく開拓者として、愚直に目の前のプレイに集中すれば道は必ず開ける筈だ。

1992年の初ブロック制覇の時以来、15年振りに、勝って大泣きさせてくれ、後輩達よ!

| | コメント (0)

ラグビースクール対抗リレーで超興奮

昨日の日曜日は、毎年恒例の神奈川県内ラグビースクール対抗の大運動会@横浜スタジアムでした。

Photo 県内の15スクールが一堂に会し、子供達、父兄、コーチ達が色々な種目で楽しんだり、交流を図ったり、結構楽しいイベントです。

また、普段は横浜スタジアムの人工芝の上に降りるなんてそうそう出来ないので、かなり貴重な経験になりますね。

特にお母さん達が子供達と一緒にフィールドで汗を流すこともないでしょうしネ。

Photo_2

この大運動会では沢山の競技がありますが、ナント言っても一番盛り上がりるのは、対抗リレーです。

年長~3年生の部、4年生~6年生の部、そして、中学生の部に分かれて予選、決勝を競います。

昨年低学年の部で走って優勝し、代表で表彰状を受け取った次男坊ライトは、この日は空手の昇級審査でやむを得ず欠席。

一方の長男・ランは年長さんから5年連続で選出です。

そのランは今年も「魅せて」くれました。

予選を何とか勝ち上がり、迎えた決勝。

第一走者から最下位でバトン(ラグビーボール)を受けて取ると、超加速でコーナーを周りあっという間に4人を置き去りに・・・・。

結果的には我がスクールは準優勝でしたが、自分の子ながら鳥肌もんの快走でした。あの短い距離で4人はなかなか抜けません。しかも相手は各スクールの走り自慢達です。

すんません!

結局は今日もまた,ただ単にバカ親の息子自慢記となってしまいましたネ。

そのくらい嬉しかったということで、どうかご勘弁を・・・・。

Photo_4

| | コメント (0)

週末の夫婦は・・・・

9日の日曜日は・・・・。

ランは毎年恒例の神奈川県ラグビースクール対抗の大運動会。5年連続選抜リレーチームに選出された。今年からは高学年リレーに参加。100mを走る。去年は爆発的加速でぶっちぎって、低学年リレー優勝に導いた。

ライトはラグビーの運動会と空手の昇給審査を天秤にかけた結果、昇給審査を選択。6級進級を目指す。

運動会は横浜スタジアム(関内)。

昇給審査は川崎市民プラザ(梶ヶ谷)。

運動会は寒い。

市民プラザは暗い。

で・・・・・、

さっき、嫁さんとどちらを引率するかでプチ喧嘩。

嫁さんはどちらもあまり乗る気でない。分かる気がする。

オレはどっちも行きたい。

別にオレがエライ・・・と言っているわけではないのよ。毎週毎週子供中心の生活に、嫁さんも可哀想に思う。

でも、どうしても子供中心になってしまうのはしょうがない・・・・よね?

ギリギリまでモメそうだなぁ・・・・。

| | コメント (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »