« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

テレビ解説やりまッす。

最近すっかりラグビーモードだったオレですが・・・・。

今シーズン3度目のテレビ解説の依頼を受けております。

Xリーグ(社会人アメリカンフットボールリーグ)は、今週末の「ファイナル6」準決勝を経て、いよいよJAPAN X BOWL(日本社会人選手権決勝)の出場チームが決まります。

大阪長居で「オービックシーガルズ対松下電工インパルス」(生放送)が行われ、横浜スタジアムでは「オンワードスカイラークス対富士通フロンティアーズ」(録画放送)が対戦します。(富士通は私が5年間所属したチームです)

その横スタでの一戦は、僭越ながら私がテレビ解説を担当させて頂きます。

後日、この試合の見所等はアップする予定ですが、放送日は12月4日(火)22:50-26:20でございます。

ケーブルテレビをご契約の方は是非、SKY-A(http://www.sky-a.co.jp/prg_sports/afootballnext.php)の放送をご覧下さい。

初心者の皆さんにも分かり易い、楽しい解説を目指して6年間やってきましたが、この日もそんな解説をお届け出来ればと思います。

またテレビ映りの良し悪しもチェック下さいませ(苦笑)。

| | コメント (0)

Viva! サントリーサンゴリアス

ラグビースクールのT崎さんのお誘いで、同スクールの数家族でサントリー・サンゴリアス主催のラグビー体験に行ってきました。20071124_016 

場所は府中のサンゴリアス専用グランド。

20071124_066

素晴らしいクラブハウスと天然芝のグランド。

いつもテレビで観ている選手達とお話したり、一緒に練習したり、サインもらったり、写真まで撮ってもらって、子供達には夢のような一日だったようです。 20071124_044_3

ママ達もスクラムマシーンと格闘です。

散々遊んでもらった後は、ヤマハ発動機ジュビロとの試合もサイドラインで観戦。

目の前で大男達がぶつかり合い、自分達が体感したことがないスピードで駆け抜け、目にも留まらぬ華麗なパス回しを目の当たりにして、子供達は何を感じ取ったのでしょうか?

20071124_080

清宮監督や小野澤選手、ニクラス選手、青木選手らとの写真撮影にも大満足です。

20071124_069 20071124_076 20071124_074

20071124_067

| | コメント (0)

陸の王者対紺碧の空

仕事帰りに・・・・。

たまたま近くを通ったので・・・・。

明後日に大一番を控えた、日吉にあるタイガージャージーを着る大学の練習でも覗いてみようかと思ったのだが・・・・・。

オレはアホやった。

外周フェンスは全て青ビニールシートで覆われ、全く中を観ることは出来ません。

そりゃーそーだ。

しょうがないので、野球部の練習を観て帰りました。

「魂のタックル」、見せてくれ!

| | コメント (0)

ミレニアムベイビーも・・・

200711_happy_birthday2000年11月18日に生まれた次男坊・ライトも、

本日無事、満7歳を迎えました。

7歳を迎えた週末はラグビー三昧。

土曜日は、保土ヶ谷公園ラグビー場の人工芝完成記念式典試合で、

誕生日の今日は、通常練習でグランドを駆け回りました。

幼稚園の時はあんなに嫌がっていたラグビー。

1年生になり、この秋はチームキャプテンにも選ばれ、兄貴と同じSHを任され、最近は張り切りまくっています。

昨日の記念式典でのY浜RSさんとの試合では、

6(トライ)対3(トライ)で勝利に大喜び。

200711_074 3つのタックルミスよりも・・・・。

2つのトライよりも・・・・。

本人曰く、何より印象深かったのは、試合直前のエンジンで、K川コーチに気合注入してもらった時に、「気合が入って涙が出てきた」ことだったらしい・・・デス。

ホントにラグビーモードになってきました。

で・・・・、

試合での反省も(一目散にタックルに行く、フォローした時に声を出す)、今日の練習でしっかり克服していました。

赤ん坊だと思っていましたが、少しづつ成長していたのですねー。

7歳の誕生日おめでとう!

そして、いつも多くの発見を有難う!

今日もバカ親日記でした・・・・。

| | コメント (0)

川崎北高校

明治神宮大会も終わり、学生野球の年内の公式戦は全て終了しました。

高校の部では今春センバツ優勝校の常葉菊川(静岡)が、昨年センバツVの横浜を接戦の末破り初優勝。決勝に進んだ2校の所属する東海地区と関東地区には来春の選抜大会の「神宮大会枠」が与えられ、それぞれ出場枠が一つ増える。

また、私の近所の川崎北高校が、第80回選抜高等学校野球大会・「21世紀枠」に、神奈川県候補校として推薦されたようです。

川崎北は、残念ながら自殺してしまった金八先生の「松浦」こと沖田浩之や、駒大→巨人→西武・河原投手、そして前職の同僚の母校でもある。現サンケイ新聞の野球担当記者で、よく球場で出会うS氏も川崎北の元エースピッチャーで、高校時代はよく練習試合もやった間柄。

過去夏の予選ではベスト4が最高ですが、3年ほど前に中学球界では有名な監督さんを招聘し、今秋桐蔭学園をコールドで破るなど神奈川県大会でベスト4に進出するなど、急激に躍進中です。

神奈川県からは、関東大会で決勝へ進出した横浜と慶応義塾がほぼ内定している為、現実的には難しいだろうが、神奈川から公立校が甲子園に出場となると快挙に近い。

そして私はその川崎北野球部OBチームで草野球をエンジョイしている。

| | コメント (0)

楕円球の秋(その2)

秋の国内楕円球スポーツが佳境に入ってきた。

【トップリーグラグビー】

開幕第三節で、優勝候補筆頭のサントリーがコカコーラウエストジャパンに敗れるアップセットがあった。試合を観ていないのでコメントのしようがないのですが、東芝に競り勝って勢いに乗っていたサントリーだけに、「どうしちゃったの?」という印象。でも、リーグ戦はまだまだ始まったばかり。まだまだ分かりませんね。

Photo

個人的には神戸製鋼を応援。現状1位。SHの後藤翔太(桐蔭→早稲田)、新人WTB濱島(鹿実→明治)のプレイが好きですね~。大畑はいつ戻ってくるのかな?

W杯後だけに、国内最高峰リーグの動向に注目です。

【大学ラグビー】

やはり関東学院の一件が残念でならない。主将中園は理屈抜きに魅せれる選手なので、もう学生で見られないのはもったいない。3月まで試合自粛なので、リーグ戦グループでの早稲田の対抗馬は?法政?

一方、対抗戦グループはこれからが本番。最も盛り上がる早慶戦、早明戦が残されています。去年は家族で両試合共観戦に行きましたが、今まで感じたことが無い感覚に陥りました。

Photo_8   

先だっての明慶戦(引き分け)は個人的に今季のベストゲーム。ホントに面白かったぁ。慶應WTB山田の個人技は一見の価値あり。

【高校ラグビー】

聖地・花園を目指す高校ラガー達の戦いも各都道府県で続々と代表校が決まっています。佐賀工が準決勝で300-0という試合をしていました、相変わらず格差が激しいようで、花園でも100点ゲームがあったりしますね。どーなんでしょう。

Photo_7   

地元神奈川では今週末に桐蔭学園対東海大相模の決勝があります。桐蔭の主将は田園RSのOB。彼の父親は『スクールウォーズ』で平尾誠二さんのライバルとして登場した○曽根さん(元専修大監督)。○曽根君は慶應大学への進学も決まったらしい…(噂)です。

さて、もう一つの楕円球スポーツ、アメリカンフットボールはホントにホントに大詰めです。

【Xリーグ(社会人リーグ】

リーグ戦も終わり、今週末から『ファイナル6』と言って、東・中・西地区のベスト6チームが社会人日本一を決めるプレイオフに突入します。

私が所属していた富士通フロンティアーズは5年振りにファイナル6進出です。12/1に横浜スタジアムでオンワードスカイラークスとアサヒ飲料チャレンジャーズの勝者と準決勝を戦うことになりました。

X

実はこの試合、私がテレビ解説を担当することになっていますので、スカイAをご覧くださいませ。

【大学アメフト】

先日、1999年以来のブロック優勝を決めた日本大と、23日の法政対早稲田の勝者が関東選手権『クラッシュボウル』で甲子園ボウル出場をかけて戦います。

関西は今年も立命館対関西学院の一騎打ちです。ラグビーでいうワセダ対カントー状態ですな。

この東西のチャンピオンが雌雄を決する甲子園ボウルは、甲子園球場の改装工事により今年から使用不可なんです。高校ラグビーで花園ラグビー場を使えない花園…いや、夏の甲子園大会で甲子園球場を使えないに等しいですよね。これはやむを得ない事情だけど、あと3年。今の2年生までは、目標は『長居』ということになります。

Photo_5

【高校アメフト】

こちらも東西の代表校が「クリスマスボウル」で高校日本一を争います。

関東は佼成学園対早大学院。都大会決勝の再現です。佼成は春の関東チャンピオンで、初のクリスマスボウルを狙います。チョビ、小池、両コーチ頑張れ!

関西は関西学院対大産大。この対決も定番。こう両校は過去に多くのXリーガーを輩出。この中からまた沢山のスター選手が生まれることでしょう。今年のクリスマスボウルは味の素スタジアムで行われます。

Photo_9

それぞれの球技でそれぞれのレベルで、日本一を目指す選手達。本当に羨ましいです。

勝って泣いて、負けて泣いて。

そういう思いがもう出来ないと思うと、毎年のように虚しく思うのでした・・・・。

| | コメント (0)

大学アメフトもイイもんだ!

昨日の日曜日は、ラグビー県大会応援の後(ランの試合は無し)、そのまま二人で大学アメフト観戦に行ってきた。

兄貴がOBの慶應義塾大ユニコーンズと、元ライバル&今友達がコーチをする日本大学フェニックスのブロック優勝決定戦@アミノバイタルスタジアム・・・の一戦でした。

Keio

学生のアメフト生観戦は何年ぶりだろう?

スタンドにはOBらしき人達や家族、彼女ら…。俺らの目の前には矢田○希子の旦那、俳優の押○学も発見exclamation(さすが慶應)。客層は社会人(Xリーグ)とはだいぶ違いました。

応援を彩るチアガールも清楚で初々しい。これもXリーグとは違ってとても新鮮。

勿論選手達も、学生らしくガムシャラだし、気持ちは入っているし、ひたむきです。

やはり学生スポーツはイイですね。

さて試合は、ショットガン攻撃からランにパスにバランス良い攻撃が持ち味の日大が、48-24と快勝。慶應義塾もオフェンスラインのサイズ不足を、工夫を凝らしたオフェンスでボールコントロールをしましたが、後半には息切れ。日大が久し振りに関東学生王者決定戦「クラッシュボウル」の進出を決めました。

物心がついてからアメフト初観戦のたランには、全てラグビーに喩えて説明。熱く解説してあげたのですが、あまり感心がないようで、ちと淋しかった…です。

ただ、日大の快速ランニングバック(21番)には釘付けでした。Photo

本当に速かった。

| | コメント (0)

次男坊も頑張ってます

いつも長男・ランの話題ばかりBlogで書いていますが・・・・。

200710_

ウチの次男坊・ライトも頑張っています。

月・火・木・土は空手道場で。

木は英語教室で。

日はラグビースクールで、兄貴に負けじと自分自身と戦っています。

それに加えて・・・・。

今日、少年野球チームに正式入会しました。

練習日は火・木です。

Uehara 

空手と英語とダブるけど・・・・・。

やる気マンマンです。

兄貴は私が半強制的に入部させましたが、弟は自分から始めています。

朝は起きない、顔は洗わない、片付けも出来ない、歯もなかなか磨かない、勉強も全然出来ない・・・・けど、習い事は休んだことはありません。

ある意味スゴイ・・・・・。

とにかくやれるところまで突っ走ってみなはれ。

| | コメント (0)

一方的の嵐

73-7。

84-7。

84-0。

75-0。

55-6。

65-12。

・・・・・。

今日は新横浜で息子のラグビー、横浜スタジアムでアメフトを観戦したのだが、その6試合の試合結果です。

当然競技もレベルも全然違いますが、単純にこんなスコアから発展・未来はありますかね?

実はこの6試合、全てオレが応援したチームが勝ちました。

・・・・でも、逆の立場なら?

また応援に行こうと思うでしょうか?

プレイヤーの立場なら・・・・・。

「また明日から頑張ろう!」と熱く思えるでしょうか?

NFL(全米プロフットボールリーグ)がここ数年掲げている「Parity」(均等化)。

超・民主主義の国で社会主義のような制度を人工的に作り上げ、より高いレベルでより緊迫した接戦を演出するシステムである。最後までどちらか勝つか分からない試合の連続が、観るものの興味をそそり、人気を博す。

まあ、これは事業的なことで、ボランティアで運営されているアマチュアの世界には当てはまらないかもしれないが、もう少し工夫が必要かと思う。

ちなみに、ランのラグビーチームは今日、84-7で勝ち3連勝。見事二年連続でブロック優勝を果たしました。

キャプテンとして、スクラムハーフとして、役割を果たしたと思います。

田園4年Cチームのみんな、おめでとう!!!

| | コメント (0)

特別な最終戦

いよいよ(・・・というか、もう?)今日はランのラグビー県大会の最終戦です。

キャプテンとして、スクラムハーフとして、自分の力を最後まで出し切って、チームを勝利に導いて欲しいものです。

過去二戦は相手がどうであれ、点差がどうであれ、最後まで力を抜くことなく皆、24分間走り続けました。その結果、最高の勝ち方が出来たと思います。

ラン個人はというと、第一戦はタックルが素晴らしかった。

200710__2 でも、キャプテンとして、声が全然出ていなかったし、まだ自分でトライを取ろうという気持ちが強すぎた部分もありました。

ラグビーは一人でやろうとしてはいけません。

スクラムハーフとして、上手にパスを仲間に供給して得点を挙げる喜びを感じて欲しかったので、ビデオで反省会をやりながら、次の試合への課題としました。

第二戦は、その反省からパス捌きが見事でした。

77得点を7人の別々のプレイヤーでトライを奪えました。5人のプレイヤーがパスを繋いだトライもありました。美しかった・・・・。

でもこの試合でも声が出ていませんでした。

大きな声を出して、プレイの指示をしたり、チーム全体への気持ちの高揚を図っていくのもキャプテンの大きな役割です。今日は集大成として、その辺りに期待したいです。

そして今日は特別な日でもあります。

全スクール生の応援日なのです。

我がスクール初の試みだそうです。幼稚園から3年生までの全チビちゃん達とその父兄、以前教わったコーチ達。県大会という唯一の公式戦を皆が観戦する中での試合となります。

200710__4 試合前のエンジンから声出し、セレモニーから試合中の熱のこもったプレイ、試合後の挨拶まで・・・・。

チビちゃん達の手本となるように頑張って下さい。

【写真提供】Special thanks to ○なり父さん・・・

| | コメント (0)

完全試合を止めたのは・・・・

物議を醸した中日・O合監督の采配。

皆さんはどー思いましたか?

この日はたまたま愛車・ハマーで車通勤。

19時半にオフィスを出て、駐車場から颯爽と車に乗り込むと、既に「6回までパーフェクト」だった。

諸事情で日本ハムを応援していた俺も、この完璧な投球を観れば観るほど、途中から「歴史的瞬間」を観たくなっていったのだった。8回からは運転そっちのけ?で、カーナビTVに釘付けだ(危ねーな)。

そして中日が8回の攻撃を終えると、ベンチは何やら不審な動き。

ニッポン放送で解説をしていたS根潤三さんは、7回くらいから「9回まで行ったら監督が一番辛い決断をしなければならない」と何度も繰り返していた(音声はラジオにしていました)。

でも、完全試合だぜ!史上初だよ。

そしたらホントに変えちまったのでした。

その時、実況アナウンサーは叫んだ。

完全試合を止めたのは、O合監督でしたぁ~」と・・・。

何が何でも勝ちたかったのは分かる。53年ぶりだもんね~。

I瀬に最後を任せたかったのも分かる。今年の勝利の方程式だもんね~。

しかし・・・・・。

ファンを無視したね。完全に!

巨人ファンのオレとしては、中日が優勝したこと自体も実に不快だったが(竜ファンの皆さん、ゴメンなさい)、あの采配には正直ハラワタ煮えくり返りました。

日本の野球をつまらなくしたと・・・・・。

・・・・・。

そんな中、

一つだけ貰い泣きしたくらい嬉しいことがあった。

ノリのMVP受賞である。

今更何も語ることはないでしょう。どん底から這い上がったノリ。

心からおめでとうと言いたい!(でも、今頃グラブ使うんじゃねーよ)

| | コメント (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »