« ビデオ反省会 | トップページ | 終焉 »

リスペクト

K田ファミリーが毎日槍玉に上がっていますね。

個人的には、彼らの試合前のパフォーマンスは嫌いではありません。

格闘技ですから、あのような「ストーリー作り」はメチャクチャ盛り上がるし・・・・。プロとして全然ありだと思います。

でもネぇ。

試合が終わった後も、さっさとリングを後にするなど、あの態度は疑問符が付くね。

相手は世界チャンピオンだよ。 (プロレス技?あれは論外。別の意味で面白かったけど・・・・)

ところで、ラグビーでは「ノーサイドの精神」というのがあります。

どんなに試合中にヤリあっても、ムカついても、時には乱闘しても・・・・

試合が終われば互いに戦いあった良い仲間同士。

お互いの健闘を称え合い、握手し、抱き合う光景はホントに清々しくて大好きです。

この精神を誰か教えてやって欲しいものです。

以前のこのブログで、K田ファミリーについては褒めまくったけど、今回ばかりはちょっと調子に乗り過ぎだったようです。

ついでに・・・・。

昨日の記者会見も全くなってないよ。お父ちゃん。

相手を「リスペクト」する気持ち・・・・・。息子達にちゃんと教えてやらないと。

「人のフリみて我がフリ直せ」

親として、大変勉強になりました。

・・・・・なんて、ここまで書いていたのだが、たった今、「謝罪に行った」というニュースを聞きました。

この想い、伝わったのかしら?

|

« ビデオ反省会 | トップページ | 終焉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ビデオ反省会 | トップページ | 終焉 »