« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

刺激

あるⅩリーガーのBlogから思わず拝借しちゃった写真です。

10032490440_s

ヤバイでしょ?この肉体。(写真をクリックして拡大してみて下さい)

NFLで、色々な意味で有名なテリル・オーエンズというWR(ワイドレシーバー:パスキャッチを専門とする、いわば、アメフトではあまりゴツくないポジション)です。

日々、こういう鍛え抜かれた体を見る度に、「オレも頑張ろう!」と刺激を受ける。そして、腕立てを頑張っちゃったりするんだけど・・・・・。

A新聞社のぶーちゃん、

君もこんな肉体を目指して。食事制限しなはれ!

| | コメント (0)

PEP TALK

アメフトの試合前に、コーチやリーダー等が選手達を鼓舞する為に行う儀式(演説)を「PEP TALK」という。

このPEP TALKがイケてるか?イケてないか?は、大事に試合に向かうチームの士気を大きく左右したりする。

日本の大学ラグビーでもお馴染みであろう。

試合前のロッカールームで、主将がフィフティーンに涙ながらに激を飛ばす場面も鳥肌もんの涙もんだし、選手の闘志を掻き立てるPEP TALKの最たるシーンである。

さて、

我が長男・ランは、今年度の県大会でCチーム(田園RS4年生は今年3チーム登録)の主将に任命された。そして、県大会を控えた日曜日の交流戦@横須賀大津では、そのPEP TALKを実践しなければならない場面が突然訪れてしまったのだッ。

全く予想していなかったラン主将は明らかに動揺。

皆で熱くエンジンを組む。

皆、ランの言葉を待っている。

が、「無言・・・・・

沈黙が・・・・。 続く・・・・・。

でも、何の言葉も見つからないラン主将。

そして、無言・・・・・。

あれ?

見るに見かねたMコーチは遂に助け舟を出す。代わりに猛烈な激を飛ばす。そして、チームは勢いよくグランドへ飛び出していった・・・・・。

この瞬間、ランは一体何を感じたことでしょう?この影響からか、試合でも動きに精彩を欠くことに・・・・・。きっと主将という重荷を、この瞬間初めて痛切に感じたことでしょう。良い経験、良い経験!

話は変わるが、

その翌日、嫁さんと二人で、「フラガール」の主題歌を担当したことで有名なウクレレ奏者・JAKE SHIMABUKUROのコンサートへ出かけた。

演奏も勿論素晴らしかったのだが、片言で可愛い日本語と優しくソフトな英語とが見事にブレンドされた彼の絶妙のトークは、演奏同様にJAKE WORLDへとオレを誘ってくれたのである。アメリカ人って先天的にトークが上手だよなぁ・・・・と感心。

そして更にその晩。

JAKEの次は、その足で嫁さんと映画「HERO」を観に行った。

法廷でキムタク演じる検察官・久利生公平が被告人を追い込んでいく尋問シーンがある。その言葉一つ一つは自信があり、説得力があり、そして力強く、スクリーンの中にオレを釘付けにした。

JAKEは、「言葉は忘れてしまう」って言っていました。

たけど、やっぱり、人の心を動かすことが出来る「言葉」って、「語り」って、持続性は少ないかもしれないけど、戦いに行く前の猛者達には即効性があります。

ラン君。

君がもう一皮剥ける為には、PEP TALKを今から勉強しておこうよ。

| | コメント (1)

運動会

暑かったです。

ホントに9月末なの?って・・・・・。

でも満喫しました。

ランもライトも徒競走1位!20079_048

20079_050 ランは全員がリレー選手という組での堂々の4年連続1位。

ライトも小学校に入って初めての徒競走でブッチギリました。

ダンスは?

二人とも年々適当になっていきます・・・・。

さて、

リレー。

ライトは残念ながら選考会で躓き、低学年リレーは応援のみ・・・・。来年は兄弟同時出場を!

ランはやってくれました!

今年から高学年は100m(一周)です。4年生のラストのランは、3位でバトンをもらうと、最初からグングン加速して、第二コーナーからストレートに入る頃には更に加速して二人の置き去りに・・・・。最終コーナーもスピードが落ちることなく3mの差をつけて第4走者へバトンタッチ!20079_070

久しぶりに鳥肌&絶叫!!

とても満喫出来た1日でした・・・・そして、今日も親ばか発言連発をお許しくださいませ。

さて、連休二日目の日曜日。

横須賀大津で、横浜RSと横須賀RSとのラグビー交流戦に行ってきます。

県大会前の最後の試合、そして、10月から海外赴任されるTヘッドコーチの最後の試合。

Tコーチが安心して赴任出来るように、成長した姿を見せてやってくれ!

| | コメント (0)

日本代表は文字通り「背水の陣」

いよいよ明日未明はウェールス戦です。

この試合に負けると、2011年W杯出場のシード権を得られないらしい・・・・。

W まさに「背水の陣

ちなみに、「背水の陣」とは・・・・・。

絶体絶命の窮地に置き、決死の覚悟で全力を尽くすこと」とある。

スポーツの世界でよく使われる言葉だが、ちなみに英語では「burn one's boats.」(船を焼く)という表現が同様の意味で用いられるとさ。

恥ずかしながら、こちらは、まるで聞いたことがない言いまわしなのですが、勉強になりますね。

ちょっと脱線しましたが、「日本ラグビーの進化を証明したい」と箕内キャプテンは語っています。今回戦うミレニアムスタジアムは、3年前に日本代表がウエールズに98点!!を奪われれて大敗を喫したスタジアム。同じ場所、同じ相手に、ホンマに「進化した日本」を見せ付けて欲しいと心より願う。

そしてどうやら、ウェールスは大幅にメンバーを落としてくるとの報道もある。

ナメられた?

JKは「奴らはノーリスペクトを表してきた。必ずや相手を撃破し、武士道精神を見せつけろ」とのメッセージを日本代表全メンバーの部屋に送ったという。JKの怒りは、選手達の闘志に火をつけたに違いない。W_2

明日朝4時。

オレも愛する家族と離れ、独りリビングで寝て、歴史的瞬間を目の当たりにする!

頑張れ!カーワンジャパン!!

| | コメント (0)

『40』

実感?

「まるで無し」

成長?

「あまりしてない気がする」

渋さ?

「全然・・・・」

この世に姓を受けてから、今日でちょうど40年。

ここまで幸福に?・・・・・何とか??・・・・生きてきた。

そんな記念すべき日を、幼少時に過ごした米国で迎えるのも何だか感慨深い。

小5~中2までの多感な時期をバージニア州で過ごし、初めて英語やアメリカの文化に触れ、今でも公私共に関わり続けるアメフトというスポーツと出会った。今のオレの人格を創造した3年間であったと言っても過言ではないだろう。

そんな想い出深い米国での生活から帰国してから既に26年。

当時のお袋さんの年齢を3つも超えてしまったことを考えると、尚、恐ろしい(当時の親父の2つ下)。

ちなみに・・・・・、

こっちでは誰もお祝いしてくれなかったので、前々から行きたいと思っていたドーナッツ屋「Krispy Kreme Doughnuts」へ独りで行ってきた。

昨年新宿に第一号店が出来て、今でも大行列になっているという話題のドーナッツ屋さん・・・である。

結論から言うと・・・・、

マジで甘すぎるんじゃー」(KKDの色)

既に日本から撤退してしまった「ダンキンドーナッツ」と変わらない甘過ぎさ・・・である。(オレにとっては・・・・)。いわゆる「アメリカの味」ですナ。

ハッキリ言って、オレはダメです。この味。

日本の「ミスタードーナッツが最高!」と思いながらも、自らのお祝いに買ってしまった超甘過ぎるドーナッツをホテルの一室で4個もほうばる四十路オヤジはかなり不気味ですが、

改めて「ハッピーバースディ、オレ!!

| | コメント (0)

NFLを観て鳥肌・・・

米国・オレゴン州ポートランドへやってきた。

今回は3泊4日とやや強行日程(実質滞在2日間)。

そして、米国人達との仕事(打合せ)は精神的にエグい・・・・。

そんな中、唯一の楽しみは、渡米当日に行われる今年初めてのMonday Night Football。今年のオープニングゲームは2試合が用意されていた。

現地時間の月曜夕方着の便でサンフランシスコ経由でポートランドに入ると、そのままレンタカーでホテルへ直行。既に始まっていたRavens対Bengalsの3Qからと、2試合目のCardinals対49ersとテレビに釘付けである。

試合が終わり、興奮冷めやらぬ状態で近所のDrag Storeに買出しに行き、部屋に戻り、再びスポーツ専門チャネル「ESPN」にチャネルを合わせると、前日のオープニングディでのショッキングなニュースが繰り返し流れていた。

Buffalo BillsのTEケビン・エバレットが、キックオフカバーでボールキャリアに頭からタックルにいった際、脊髄損傷で生死を彷徨っているというのだ。命が助かっても、一生歩けなくなる可能性も少ないと言う。

映像を見ると、確かに「頭(ヘルメット)から」タックルにイッており、いわゆるとても「危険」なタックルである。日本では「決してやってはいけない」タックルの典型で、そのままグランドに力無く崩れ落ちる姿は、鳥肌が立つ程悲惨な様であった。

その時、ふと思った。

オレはなんて危険なスポーツを10数年もやっていたのだろうと・・・・。

そして、同じくらい危険なラグビーを息子達にやらせている。

親として、もし息子達に同じような事故が起きた時の「覚悟」があるんか?と・・・・。

華やかな世界の裏側には、こんな危険が隣合わせであることを痛感した今年初めてのNFL観戦でした。

| | コメント (0)

不完全燃焼@東京ドーム

今宵、最近すっかり野球に目覚めた次男坊と、東京ドーム行って参りました。

我が巨人軍は前日、トラに首位の座を奪われ、その激励?でしたが、次男坊は4回裏で飽きてしまい(満足してしまい)、散々お土産を買わされたあげく、早々の帰宅となりました。

本人、物心付いてから初めてのプロ野球観戦。

もの凄~くエンジョイしたみたいなので、まッ、良かったのですが、試合は延長10回の激闘(3試合連続1点差負け)。200709094630581n

う~ん。もう少し観たかったというのが正直な気持ち・・・・。

さて、それはそうと、

明日からは大事な大事な米国出張toオレゴン州。

プレゼンの準備、全然終わってましぇーん。(徹夜やな、今夜は・・・・)

しかし、上原には幻滅・・・・・。藤川球児はスゴイ!

| | コメント (0)

楕円球の秋

9月5日XLeague開幕。

9月6日NFL開幕。

更に・・・、9月7日第6回ラグビーW杯フランス大会(9/8日本代表対オーストラリア代表)。

いよいよ楕円球の秋が始まる。

秋の匂い。芝の匂い。肌寒さ・・・・何とも感慨深い9月です。

そんな中、出張盛りだくさん&イベント盛りだくさん。

5-6日大阪出張。

7日浜松出張。

8日ピッチングマシン納品&ラグビースクール1年生父親睦会。

9日巨人対阪神@東京ドーム観戦。

そして、10日から米国出張。

この中で・・・・・。

特に楽しみなのは、10日渡米日の夜。

記念すべき今シーズン最初のMonday Night Football(Ravens@Bengals戦)を現地生テレビ観戦出来ること。

とにかく始まります。

楕円球の秋が!

| | コメント (0)

成長を実感(またも親バカ)

昨日は関東MAX空手道選手権大会@等々力アリーナ・・・でした。
まず、次男坊のライトは、実に堂々と「選手宣誓」の大役を果たしてくれました。我が子ながら、心臓の強さに感服です。宣誓通り、今まで支えてくれた多くの人達に感謝をし、最後まで諦めず、正々堂々と戦い抜いてくれました。T_53
1年生の部(28名参加)で、初の2勝。過去最高のベスト8進出です。
長男・ランは、4年生上級の部(17名参加)で残念ながら初戦敗退。さすがに高学年の上級は、ツワモノ揃いでした…。ますます1勝の壁が高くなった気がします。
でも二人共、敗れた組手でも、実に男らしい立派な戦い振りでした。こんな戦いが出来るなんて・・・・。成長を肌で実感。ホントに感無量です。
特に同学年の中では体の小さい二人。
体の大きな相手にも、怯まず臆せず立ち向かっていきました。そして何とも言えない「イイ目」をしていました。
この戦いを通じて何かを感じとってくれたなら、何も言うことはありません。
さあ、この秋は暫くラグビーに専念かな・・・・。9月は交流戦と試合に向けた練習、そして、10月からは待ちに待った県大会が始まります。
個人競技で培った強いハートを、チームスポーツでも活かして欲しいものです。
しかし、毎回の事ながら、体デカくしないとなぁ~。サイズも勿論、実力・才能ですから…。

| | コメント (0)

初体験入部(次男坊編)

次男坊の野球体験入部に行ってきた。

参加者は6名。

009 いわゆる厳しい野球・・・ではなく、エンジョイがモットー。

練習日は毎週月曜の1時間だけ。

挨拶とか礼儀とか思いやりとか・・・が重視だそうです。

コーチの中には甲子園経験者も・・・。

ユニフォームは「がんばれ!ベアース」と同じ白地に黄色。

練習で使う球は硬式ソフトボールに、硬貨プラスティックのバットなのは気になりますが・・・・。

取りあえず、明後日月曜の練習を見学してみることに。

週4日の空手に、週1のラグビーと英語教室に通う次男坊。これ以上、習い事増やすのはどうかな?どれか削るかな・・・・。

| | コメント (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »