« 最後の・・・・・ | トップページ | いかがなものか? »

Xリーグも中盤戦突入

Xリーグは今週末の三連休(10/7-9)で中盤戦の第3節を迎えます。

第二節までを振り返ると・・・・

EAST地区】

鹿島とオンワードの優勝候補組が順調に連勝。今季期待のコンテンダー・IBMは注目の開幕戦で鹿島に寂しく完敗。続く明治安田に辛勝したものの攻守のバランスが悪く、波に乗り切れていない。いずれにせよプレイオフ争いは鹿島、オンスカイ、IBMに絞られるでしょう。

CENTRAL地区】

昨年度王者・オービックは格下相手に順当な滑り出し。「早過ぎる第二節対戦」では、アサヒビールがパールボウル覇者・富士通に競り勝ち、春の雪辱を果たしました。富士通は第四節のオービック戦は死ぬ気で勝ちにいかないとリーグ戦は終わる崖っぷち状態。また、今季で廃部が決まっている日産にも一縷の望みがあります。第34節のオービック、アサヒビールにアップセットを演じることが出来れば、リーグ戦は混沌として超盛り上がるでしょう。27年目のラストシーズン。日産の伝統であるスピード溢れるプレイで有終の美を飾れるか?この地区はまだまだ予断を許さないし、面白いディビジョンです。

WEST地区】

松下電工、アサヒ飲料の二強の牙城は堅い、堅過ぎます。正直言って、ここ数年、リーグ戦など不要と言っても良いくらい圧倒的に力の差があります。昨年3位の内外電器は得点力不足で上位喰いは難しそうですし、今春、松下に土を付けたアズワンは、その松下に第一節でトータルヤード44ydsに押さえ込まれ0-33と完敗。続くアサヒ飲料にも完敗し、早くも脱落です。下位チームが頭角を現すことは当分無く、今年も話題に欠くつまらない地区になるでしょう(そうならない事を祈りながら・・・・)。

さて、週末は第三節に突入です。

個人的なお奨めは、EAST地区のオンワードスカイラークス対IBMビッグブルー(10/9()@川崎球場12:00キックオフ)です

しかも。この両者は初対戦(驚)。

予想出来ない展開が期待できます。

見所は、IBMオフェンスラインが、オンスカイ強力ディフェンスラインをコントロール出来るか・・・に尽きるでしょう。

IBM QB岡村に落ち着いて自分のプレイをさせてあげる事。そして、ボールコントロールすること。ターンオーバーと反則による自滅をなくすこと。言ってみれば当たり前のロジックですが、逆にそれが出来なかった場合、IBMディフェンスも集中力維持は難しくなり、オンスカイの爆発的攻撃力の前に、鹿島戦同様の結末になる恐れがあるしょう。

EAST地区の火を消さない為にも、頑張ってくれIBMビッグブルー!(オンスカの皆さん、スミマセン!!)

小生、この次の試合、15時からの「鹿島対ロックブル」のTV解説をさせて頂きますが、こっちの方が気になってしょうがない今日この頃です(苦笑)

|

« 最後の・・・・・ | トップページ | いかがなものか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最後の・・・・・ | トップページ | いかがなものか? »