« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

シビれた

セ・リーグが熱パに負けず盛り上がってきた。

昨夜の阪神・藤川球児。

8回ツーアウト1・2塁で救援。打率.361本塁打29打点96を含む、目下打撃部門6冠の中日・福留をストレートのみで切りきり舞させた場面は、正直言って久しぶりに「シビれた」。

福留に対し、急速は初球は148キロ、二球目は149キロで入り、力みから高めに浮いていたんだけど、3球目からが凄かった。

まるで草野球の素人相手に、経験者が本気で投げた時の様にストレートにまるでバットに当たらない。あの福留が・・・・だよ。

そして、とうとう最後はど真ん中を見逃し三振!Photo_12

ホントに速い、速すぎる!アッパレ球児!!

これで2ゲーム差。

中日残り13試合。阪神残り9試合。直接対決はこの週末の2試合だが、セ・リーグも盛り上がってきた。

| | コメント (0)

いよいよ来週から県大会

来週の10月1日から、神奈川県小学生ラグビー県大会が始まる。

その前哨戦?として、昨日の日曜日、横浜みなとみらいスポーツパークにて交流戦が行われた。

台風の影響で天候が心配されたが、当日はまさにスポーツ日和。ハイブリッドターフの素晴らしいフィールドに、多くのチビっこラガーマンや熱心なコーチ陣、わが子の活躍をひと目見ようと大勢の父兄達がビデオやカメラを手に集結。幼稚園年少さん~小6まで、各学年別に熱戦が繰り広げられた。

まずは次男坊・ライト達、幼稚園の試合が先陣を切ってスタート。

大所帯の田園RSの幼稚園チームは5チームで構成。Eチームのキャプテンに指名されたライトの相手は横浜RS。同じ横浜市の強豪ライバルスクールである。

試合は終始田園が押しまくり、トライ数:7本ー0本で快勝。Dsc01336_1

ライトも積極果敢にタックルを決めるなどの頑張りをみせ、試合終了間際のラストプレイでは、中央付近でボールをもらったライトは、タックルを一人二人とかわして独走トラ~イ!

普段はオトボケキャラの次男坊。

最近は本気でプレイするようになり、スピードも出てきました。

今日はホントによく頑張りました 。

続いて、11時半からは3年生・田園Aチームに所属する長男・ランが登場。

相手は同じく横浜RSのAチーム。

来週の公式戦を前に、初めての12分ハーフ及び、フルサイズのフィールドの試合。果たして自分たちが夏合宿から練習してきたラグビーが出来るかが課題だった。

試合は、開始早々にタックルミスから独走先制トライを奪われるものの、ボールの奪い合い(モール、ラック)でも、FW(フォワード)の頑張りで常にボールを支配。BK(バックス)も小気味良いパス回しで横浜Aを寄せ付けない戦いぶりを「魅せた」。

結局、前後半で5本ずつトライを上げた田園Aが完勝。来週への良い弾みになった。

ランは朝練の成果が出て、華麗なステップで独走トライを連発。また、タイミング良いパスでトライを二つアシスト。正面からのタックルに課題は残すものの、オープンフィールドで何度もトライを防ぐタックルも出来て、大きく成長しました。

その他、3年生田園B・C・Dチームもそれぞれ快勝。全チーム共に、日頃の練習の成果が身を結んだ最高の試合が出来ました。

さて、来週はいよいよ深沢多目的Grで初めての県大会。

頑張れ!田園!

全4チームで優勝を目指せ!!

| | コメント (0)

親子はキャッチボール

最近TVで流れている某信託銀行のコマーシャルがある。

観る度に泣きそうになる。(俺にはもうキャッチボールをしてくれる親父は居ないからかな・・・・)

そのコマーシャルは、偉大な父・長嶋茂雄氏と息子・一茂氏がキャッチボールをしているもの。Oyako Oyako2 バックに流れているStevie Wonderの「Stay Gold」も感傷的で切なくなる。

Trustshipをテーマにした二人のキャッチボールシーンには、温かい笑顔の中に親子としての歴史や信頼、愛情など、様々な思いが込められている。

キャッチボールは魂(ボール)を介した親子のコミュニケーションであり、「思いやり」をも養うことが出来る。

例えば、

「相手が取り易いところに投げてあげる」

「相手が取りにくいところに投げても取ってあげる」・・・といった具合に。

もうひとつ。

これは本当に号泣しちゃうキャッチボールシーンがある。

それは映画「フィールド・オブ・ドリームス」のラストシーン。Fod

主人公のケビン・コスナーが天の声によって作り上げた野球場で幽霊?となって現れた亡き父とキャッチボールをする場面。

あのシーンは何度観ても号泣してしまう。

やっぱり親子はキャッチボール。

間違いない!

この週末は息子達とキャッチボールだぁ。

| | コメント (0)

注目の三遊間コンビ

ニューヨーク・メッツがリーグ一番乗りで、18年振り5回目の地区優勝を決めた。Fbb0609192004ns_1

メッツがプレーオフに出場するのは現ロッテのボビー・バレンタイン監督が率いて、ワールドシリーズまで勝ち進んだ2000年以来のこと・・・・との事。

個人的にも、2004年からメジャーへ行ったM井K頭央選手をサポートし始めた頃から、毎年、年3~4回のペースで観てきているだけに、なんか感慨深い。

往年のヤンキースの元名セカンド、ウィリー・ランドルフ監督が2005年に就任してから、新戦力(マルチネス、デルカド、ロデゥーカ、ベルトラン等)を積極的に獲得し、生え抜き若手選手(レイエス、ライト)の成長もあり、若手とベテランが上手くブレンドし、着実にチーム力を上げてた成果と言えるだろう。

正直、今年のスプリングキャンプに行った時は、「これはイケる」と感じていた(本当よ!)くらい戦力が整っていた。(当時はK頭央君も戦力だった筈なのに・・・・)

その中でも注目していたのは、今年のオールスターに初出場、初ホームランを放った三塁手、デビッド・ライト(24歳)とドミニカ出身のスーパーアスリート遊撃手、ホセ・レイエス(23歳)。

この二人は若く、スター性抜群の三遊間コンビである。

ライトはまず何よりカッコイイ。イケメン。Wright

俳優と間違えるくらいの甘いマスクに似合わないくらいのパワー、スピードを持つスラッガーに成長した。性格も優しく人当たりも良く、マスコミ受けも良い。K頭央くんともかなり仲良くしていた。

今年は3割20ホーマー。守備も上達している。

一方のレイエス。

Reyes 2004年のキャンプで初めて彼を見たのだが、正直、その強肩ぶりには舌を巻いた。並大抵の強肩ではない。超が付く。軽く70mくらいは顔の高さで球が届く。しかもスナップスローで・・・・・。

その時は、K頭央君が遊撃手、もともとショートだったレイエスを二塁手へコンバートしたのだが、どうみても逆だった(現に05年には再コンバートしている)。

成績も3割19ホーマーで77打点、57盗塁を決めている不動の先頭打者(スイッチヒッター)

この若い二人が早く日本でもメジャーな選手として注目されて欲しいと思っていただけに、彼らを日本のファンが知る機会が増えるのは本当に嬉しい。

この勢いでワールドシリーズまでGo!

| | コメント (0)

秋の運動会

土曜日はランの運動会。

やはり徒競争とリレー(アンカー)が目玉。

しかし、最近の運動会・・・というか、ウチの小学校だけ?かもしれないけど、不思議なことがある。

それは、徒競争。

男女が入り乱れて走るのだ。

俺らの世代は、男子は男子同士、女子は女子同士で走ったものだ。ただ、最近の女子は体も大きく、低学年くらいだと女子の方が体力が勝っていることも多いので、関係ないのかな?これはリレーでも同様なんだけど・・・・。

Dsc01245 また・・・・。

低学年リレーでは番号入りビブスをまとい、バトンは輪を使う。

普通、リレーと言えば、鉢巻とバトンだろ!

分かりやすいように、取り易いようにの配慮なのだろうが、何か醍醐味に欠けると思うのは俺だけ?

ちなみに、ランは徒競争でも、リレーでも一等賞になりました。安堵・・・・。

Dsc01241_1

ところで・・・・

自分が注目されないと退屈でしょうがない次男坊・ライト君。

午後の未就学児の徒競争に参加しました。

本人の本番(幼稚園のリレー)は10月。

こっちも頑張ってね。

何はともあれ、今年も天気がもって良かった、良かった。

近隣に大型マンション建設で昨年より150名?程生徒が増えた今年の10周年記念運動会。子供と別々でお弁当食べたり、全部立ち見だったりと、色々あったけど、無事終了しましたぁ~。

それと・・・・、更に・・・・、

この日は嫁さんの○▽回目のバースディー。

おめでと!&今後も若く可愛い妻&ママで居てね!Dsc01270

| | コメント (0)

My Birthday

30代最後の誕生日を家族に祝ってもらった。

Dsc01226_1最愛の嫁さん、可愛い息子達からは、心温まる手紙ももらい、これぞ、まさしく「Touching Moment」。

何かと悩み事も多い今日この頃。

色んな意味で、感慨深い誕生日となった。

最近携帯メールを覚えた母親からも、おめでとうメールが届いた。

相変わらず句読点がまともに打てないぎこちないメールだったが、出産間際はトマトばかり食べていたという思い出付きのメール。何歳になっても出来の悪い息子の誕生日を覚えてくれているなんて、そんな母親に感謝。

子供の頃のように、誕生日のワクワク感はなくなったけど、久しぶりに小さな感動をもらった39回目のバースディであった・・・・・。

| | コメント (1)

スポーツ好きの我が家の週末の過ごし方

今週末は晴天にも恵まれ、嫁さんも色々予定が入っていた為、息子達とスポーツ観戦に出かけた。

さて、土曜日。

場所は保土ヶ谷球場。

競技は「高校野球」。 

たかが新人戦の三回戦。でも、スタンドは超~満員。

カードは「横浜対桐光学園」(神奈川県の黄金カードです・・・)

ここ数年、王者・横浜に苦杯を舐め続けられてきた桐光が5-1と雪辱。実質上、横浜のセンバツ出場は早くも消えた。

                             ※写真は試合開始1時間前のスタンド。Dsc01198

桐光の背番号11の立木君は抜群の制球力で横浜打線をきりきりまい。

小柄ながら、ストレートは速いし、変化球のキレもよく、9回に来年のドラフト候補・3番・高浜にタイムリーを打たれたが、ほぼ完璧な投球内容。

1年夏からのリードオフマン・新主将の政野君も大活躍し、センバツ初出場の期待出来る。

そして、今日、日曜日。

真夏に逆戻り?

まさに灼熱の太陽の下、息子達はラグビーの練習(From9:00AM~12:00PM)を終えた後、一路川崎へ。

場所は川崎球場。

競技は「アメリカンフットボール」。 

Xリーグ秋季リーグ戦第一節。こちらも一応、スタンドは超満員。

カードは「富士通対日産」、「アサヒビール対東京ガス」。

富士通戦は遅れていった為、観る場所ない、とにかく暑い、眩しい、よって子供達は昨日と違って試合観ない・・・・・で、「帰ろうよ~」だったのだが、第二試合は特設スタンドの最前列をキープ。試合前のハドルや試合中のミーテイング、実際の選手達を目の前で観れたとあって、大興奮!

※写真は試合中のハドルの模様。元TBSアナのQB有馬隼人選手(#3)がラインマン達と・・・。Dsc01218

でも、試合観戦は早々に切り上げて、バッティングセンターで打ち込むハメになったとさ。

う~ん。

| | コメント (0)

NFL最高の実況アナ

いよいよ日本時間の明朝、ピッツバーグ・スティーラーズ対マイアミ・ドルフィンズの一戦でNFLは開幕するが、この試合は久し振りに放送権を獲得したNBCが担当する。

NFLは「メディアと寝たスポーツ」と言われ、その発展はテレビなしでは語れないのだが、その放映担当ネットワークは毎年、細分化されている。

今年は・・・・・

AFC(アメリカン・フットボール・コンファレンス)の試合はCBS

NFC(ナショナル・フットボール・コンファレンス)の試合はFOX

全米中に中継される名物、「Monday Night Football(MNF)」はESPNが担当する。

更に今シーズンから新たに組まれたシーズン後半の木曜、土曜開催の8試合については、NFLが運営しているNFL専門チャンネル、NFL NETWORKが放送することになっている。

さて、NBCが放送する注目の開幕戦だが、Play-By-Play Commentator(実況アナ)は、私が大好きなエミー賞受賞ベテランスポーツキャスター、Al Michaelsが務める。Al_michaels_1

Al Michaelsは20年間に渡り、伝統のMNFを担当した人気実況アナ。スーパーボウル6度、ワールドシリーズ8度、NBAファイナル2度、スタンレーカップ(NHLアイスホッケー)3度と、アメリカ4大スポーツの決勝戦を全て任された実績を持つ全米No.1なのです。

そして、一昨日、本ブログでも紹介した映画「ミラクル」で、宿敵ソ連を破った瞬間に「Yes!」と伝えた実況アナなのである(映画も実際も)。

ちなみに、日本での生放送・Gタスではタッチダウン誌の後藤完夫氏、元オンワードスカイラークスの安部奈知氏が担当。同日夜のNHK-BSでの録画放送では富士通フロンティアーズの輿氏が解説する。日本ではお馴染みのベテランな皆様なのだが、是非とも(例え英語が分からなくても)Al Michalesの名調子を楽しんで頂きたい。

何が良いのかって?

なんてったって、あの澄んだ「声」が最高なのです・・・・・。(声フェチ)

Mnf ※ABCで放送していた時のAl Michaels(左)と名物解説者のJohn Madden。

| | コメント (0)

11年目のXリーグ開幕@東京ドーム

41年振りに皇室に男子が誕生した今日、9月6日(水)。

社会人アメリカンフットボールのトップリーグであるXリーグの2006年シーズンが東京ドームで開幕した。

Dsc01195

鹿島ディアーズIBMビッグブルー

EASTディビション注目の好カードである・・・・である筈だった?

結果は鹿島37-9IBM.。

近年、実力差が問題となっているXリーグだが、またしても一方的な試合となってしまったのが非常に残念。

また、両チームともに司令塔の仕上がりの悪さが大変気になった。

両チームのエースQBは大学アメフト界の名門・関西学院大学出身の尾崎(鹿島)と岡村(IBM)。

共に今年のオフェンスではパッシングゲーム向上が鍵となっているのだが、期待外れだった。

キーリードが出来ていない、スローイングミスはする。

リーグを代表する優秀な二人なだけに、今後の巻き返しを期待したい。

更に・・・・・。

今日はオープニングゲームだよ。日本最高峰のリーグの・・・・・。

もっと盛り上げようよ!

11年目のXリーグ。来年は川崎でW杯開催です。

| | コメント (0)

アイスホッケー映画「ミラクル」

Miracle_1 時は1980年冬季オリンピック@レイクプラシッド(NY州)。

平均年齢21歳の全米代表アイスホッケーチームを約半年をかけて一から熱血指導し、当時世界最強の無敵軍団・ソ連を破る感動の実話。

カート・ラッセル演じる主人公ハーブ・ブルックス元全米チーム監督は、この映画を観ることなく、劇場公開直前の2003年に他界してしまうという逸話つきの映画である。

この「ミラクル」は2004年年末にオレゴン州出張時に友人に薦めで映画館で観た。

友人曰く、「映画館中が大興奮になった!USAコールが起こり、実際の試合を観戦していたかのような盛り上がり」と熱く語っていたのだが、俺は深夜23時の最終上映を観た為、観客僅か3人という期待外れの「観戦」となったのが懐かしい。

それでも目頭が熱くなり、映画館を出るときは思わずフェイスオフのポーズ。

また、映画の興奮度合いに加え、実はこの試合、俺にとっても思い出深い試合で、当時中学1年の俺は米国滞在中で、テレビでライブ観戦してしていた。勝利が決まった瞬間のYES!!は当時の流行語にもなった程で、まさに全米中が興奮した試合だったのだ。

ストーリーは単純明快。野球映画「メジャーリーグ」のような典型的なアメリカ映画だが、秋の夜長?(まだ?)に是非ともご覧頂きたい。

実は2ヶ月前にDVDを購入したのだが、既に¥1,500(今年2月発売開始だったのに・・・)と大幅値下げ中。店頭ではなかなか売ってないかもしれないので、是非、アマゾン・ドット・コムで・・・・・。

| | コメント (0)

とほほほ・・・・

昨日の日曜日、息子達は関東MAX空手道選手権大会@等々力アリーナに揃って出場した。

結果は共に衝撃の「初戦敗退」(涙) (凹んだ父は写真撮影を忘れた・・・・)

しかし、なんてったって、今回は準備(練習)が足りなかった。

よって、気持ちも足りなかった。

親として、勝負に向かう環境作りをしてやれなかったことに深く反省。 (とほほ・・・・)

でも、今回も収穫あり。

日々「学習」です。

敗戦から多くを学び、次にその反省を活かす。そして、また成長する。これは親にも当てはまる。失敗は決して悪いことではない。失敗後にどう生きるかで人としての価値が決まる。

息子達よ、また、一緒に頑張ろうナ!

さて、

残念ながら空手の大会は暫くないけど、この秋もイベントは盛りだくさん。

長男は12月まで短期水泳教室が始まり、運動会(学年別リレー・アンカー)も控え、ラグビーはいよいよ神奈川県大会出場。年末には「板割り」のある空手の昇級審査がある。そしてN能Kの試験も・・・・・。

次男も幼稚園最後の運動会やラグビー交流戦。学習発表会、同じく空手の昇級審査もある。

この秋も色々な経験をしよう! おおおー !。

| | コメント (0)

いよいよアメフトの季節

いよいよ今日から9月。

当然!スポーツの秋。

巷では、バスケットボールの世界大会、女子バレーボールのワールドグランプリ(これはCXだけで盛り上がっている感もあるけど・・・・)、ラグビーのトップリーグTop League(今夜、NEC対東芝@国立競技場で開幕)、そして、甲子園が終わってもスポーツ新聞のトップ記事を飾りまくっている「ハンカチ王子」の渡米等など、色々なスポーツが盛り上がっでますね。

しかし何て言っても、個人的には待ちに待ったアメリカンフットボールシーズンの到来です。

まずは日本国内のフットボール。6_13_06

国内最高峰の社会人リーグ「Xリーグ」は9月6日(水)の晩、「鹿島ディアーズ対IBMビッグブルー@東京ドーム」という、いきなり好カードで開幕です。

ちなみに、私が所属していた富士通フロンティアーズは、9月10日(日)対日産スカイライナーズ@川崎球場で2006年度シーズンをスタートさせますが、なんと言っても、来年2007年はナント!川崎で第3回アメフトW杯が開催されます(悲しいかな、まだ誰も知らないけど・・・・)。そんな重要な年を翌年に控え、日本のアメフト界にとって、今年は大変大事な年になります。朝日新聞及び日刊スポーツを中心に関連記事が載りますので、是非注目願います。

また、僭越ながら、私、XリーグのTV放送の解説委員をさせて頂いております。XリーグのTV放送は、スカイAさん、及びMXTVで10月くらいから放送予定ですので、こちらも是非宜しくお願いします。

そして、なんと言ってもNFL(全米プロフットボールリーグ)です!!

その開幕戦は、日本時間9月8日(金)早朝(生放送 on Gタス)。

昨年度覇者ピッツバーグ・スティーラーズが、私が10歳の頃から応援しているマイアミ・ドルフィンズを迎え撃ちます。その他、NHK-BSやGAORA,等で本場の迫力を堪能出来ますので、是非、NFLの放送予定をご覧下さい。

→こんな恐ろしいことも起こるアメフト、どうかお楽しみに!002e0d92_1

| | コメント (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »