« アメフト専門誌寄稿 | トップページ | 球児の夏 »

菅平2006②

29日、30日と長男のラグビー合宿のお手伝いに行ってきました。

今年で3度目の参加でしたが、毎年新しい「発見」や「感動」があり、素晴らしい経験をさせてもらいました。

出発の29日は朝3時に起床し、金曜日の仕事を終えた父兄、コーチ陣と共に、計4台であざみ野駅に集合し。一路菅平へ。

東名、環八、関越、上信越自動車道を乗り継ぎ、2回の休憩を挟んで7時過ぎには現地に到着という約3時間のドライブ。コーチ陣と同乗した車中では、熱いラグビー談義が繰り広げられ、気分は高まるばかりでした。

現地に到着し、コンビニで軽い朝食を取ると、休憩する間もなく合宿所で子供達と合流です。

3日目を迎えている子供達はさすがに疲労もピークに達している感はありましたが、大きな怪我や病気もなくちょっと安心。グランドで元気に走り回っている姿を見ると、さらに安心。2日間の合宿生活は子供達を大きく成長させてくれて、逞しくも見えました。

この日の練習は、同じく合宿に来ている流通経済ドラゴンズ、八千代ラグビースクールと午前、午後でそれぞれ練習試合を組みました。Nagata練習の成果も出て、共に快勝。

午前、午後の練習を終えると、その日の晩は恒例のBBQ大会。

普段は厳しいコーチ陣の一芸大会などもあり、大いに盛り上がりましたが、子供たちを寝かせた後、更にコーチ会議、懇親会と長い晩は続きます。皆さん寝不足とは思えないくらい元気でエネルギッシュ。普段じっくりお話が出来ないコーチやお母様方とのコミュニケーションは有意義なものでした。2006sugadaira20193_3

翌最終日は6時起床&ラジオ体操で一日が始まります。

昼過ぎには宿を出るため、練習は午前中のみですが、合宿のフィナーレにはコーチ陣のデモンストレーションで盛り上がり、コーチ、子供、父兄全員が手を繋ぎ輪になり、苦しく楽しかった合宿を締めました。

感極まって涙腺が緩む父兄もおり、これまた感動の一幕でした。

コーチの皆さん、お手伝いに来てくださった父兄の皆さん、本当にお疲れ様でした&有難うございました。来年は1年生になる次男坊も参加です。来年もよろしくお願いします。

|

« アメフト専門誌寄稿 | トップページ | 球児の夏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/48357/2874085

この記事へのトラックバック一覧です: 菅平2006②:

« アメフト専門誌寄稿 | トップページ | 球児の夏 »